Information

kpinkcat(モモネコ)

Author: kpinkcat(モモネコ)

2009年1月からジョギングを開始するも、
数か月すると走らなくなる。
3年ごとにブームが訪れ、今回3度目。
2015年に過去最大重量を記録した
のをきっかけに再び走り始める。
今度こそ、過去最速を目指したい。
自分を取り戻す旅。。。

Recent Posts

第三回 奥三河パワートレイル 出場してきました。

結果は 2A リタイア でした。

この1か月膝痛の為、ロクな練習ができなかったので、
当然の結果として受け止めています。

一時は出場すらできないのではないか、と思っていましたが、
たーはるさんとお話しするという目的だけは達成できたかな。

何を言っても言い訳になりますが、このような結果になった経緯は
後日簡単に振り返っておきます。
昨日のラン後から、左前脛骨筋がバキバキに張っていたので、
事あるごとにモミモミしていました。
ある程度やわらかくなってきては、1時間後にはまた張ってる、
というような経過をたどりながらも、少しずつ良くなりました。

この調子なら、今日は20kくらいはいけるかな、
と思っていたのですが、なんと4kで膝痛 orz
心折れそうになりましたw

でも、4kでは引き下がれないので、走ったり、歩いたり、
途中で屈伸したり、ストレッチしたりして、
12kくらい移動してきました。ハイ、移動ですw

悪あがきした成果もありました。
8kくらいで、もうどうしようもないので、
帰ろうかな、そのまえに左ハムも伸ばしておくか、
とグイグイ伸ばしたところ、
意外にも膝痛が和らいだではありませんか!

「うほ~、ここなのか~!今回の膝痛の原因は!」

いや、ホント、同じような所痛んでますが、
毎回、原因となっている箇所が微妙に違っておりまして、
確かに、いま左ハムはどうしようもないくらい張ってました。

原因箇所が分かれば、対処も可能なので、ちょっと光明みえた感じです。
それにしても、こうも原因箇所が違うものですかね?
それとも、ずっとココが原因だったのでしょうか?謎です。
それに、左ハムの張りが良くなったら、また、別のところが
どうにかなりそうで、ある意味面白いですwヒトの体って不思議ね。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

にほんブログ村

 先週の土曜日に20kを走り、翌日の日曜日に
どうしようもない疲労感から走るのを中止しました。
それまでに9日間で115km。休み3日。
膝痛を抱えてのトレーニングは意外にも体に負担があったようです。

それからというもの、雨やら都合やらで結局7日間のランオフ。
水曜日には雨の中走ろうと思って、折角着替えたけど、
雨足が強くて断念しました。

今日、1週間ぶりに走るので、それなら60kのロング走でも、
と思いながら、途中の補給のパンやら飲み物を用意して
走り出したのですが、まさかのたった7.5kmで膝痛。

先週の土曜日には20k走っても膝痛が出なかったので、
一先ず安心、と思っていたのに、創傷治癒過程での筋緊張は
残っていたようです。ランオフの日々でも油断せず、
念入りにマッサージすべきでした。ああ、アホやなぁ。

こんな調子で、果たして奥三河は走れるのだろうか。
まあでも、やれるだけのことをやるまで。。。
足を作る作業を念入りに、マッサージもね。
地道な作業なのさ・・明日も、足が耐えられるとこまで限界いきます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

にほんブログ村
絶賛故障中のモモネコです。
あ、モモネコというのはオンラインゲームで
使っていたHNです。
ケーピンクキャットというのは長いので、あは。

鹿児島マラソンで痛めた左膝の調子がよくありません。
レース後5日間完全休養としました。
膝痛は翌日には普通に歩ける状態にまで
回復したのには驚きましたが、
長い距離を走ると必ずぶり返す症状に悩んでいます。

鹿児島マラソンのレース中に脚ができていないのを痛感し、
とにかく距離を踏んで、奥三河で後半まで耐えられる脚を
作ろうと、ペースは遅くともとりあえず20kを目標に
距離を踏んでいます。

本当はもっと走りたいのですが、必ず膝痛が出て、
歩かなくてはならない状態に陥っております。

休めば脚は確実に良くなりますが、
それには長期離脱せざるを得ない状況となりますので、
走りながら治す選択をしました。
その代り、痛みが出たら即ウォーキングに切り替え、
痛いままの状態で負荷をかけることは禁止にしています。

いままでこの方法でなんとかなってきたので、
今回も脚のケアをしっかりとして、奥三河までには
きっちり治す予定です。治らなければ、奥三河は
旅行気分で3Aまでかな。
そんなのはゴメンなので治します!

練習再開後、20kトライ5回全て膝痛でストップしましたが、
次第に距離も伸びてきて、6回目で膝痛なしで20k走れました。
ただし6回目はCW-X穿いていたので、それが奏功したのかもしれません。

今日は週一の4 .3kmTペース予定でしたが、
2.3kまで調子が良さそうだったので、
急遽VDOT46の5kTTに切り替えました。

設定 VDOT46 5kTT 21'25"
予定ペース 4'25-4'20-4'15-4'15-4'10
結果 1'17(300m)-4'25-4'21-4'10-4'10-2'54 (700m)
Total 21'19"

無事クリアしたので、次回からはVDOT46を設定値とします。
ただし、Mペースはまだまだ走力足りないのでVDOT45を継続します。

とはいえ。。今日も5kTT後のEペースで再び膝痛が再燃しました。
Total 15km地点くらいだったので、その後走ったり歩いたりを繰り返しました。

しばらくは移動距離が20kくらいになればよし、として
歩きを入れることもあると思います。
今日みたいな無理は控えた方がいいですね。
でも、週一でTペース走はいれておきたいなぁ。

まずはEペースで20k無理なく連続で走れるようにしてから
30~50kのロング走をしたいです。(できるかな??治るかな?)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

にほんブログ村

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これで目標のスピードには到達しました。

あとは地力と体力を磨きます。

ネコさんも奥三河エントリーしてたのね。

会える人たくさんいるみたいで楽しみ~^^

Tag :卒検
25kmの計測地点を過ぎて数百メートルすると、
折り返し地点となった。
沿道には割れんばかりの声援が送られていた。

折り返すと再び高架橋への緩やかな登りとなった。
このわずかな登りの最中にペースの維持が
だんだん難しくなっていることに気が付いた。

「あら、きっちり踏み込まないとペース維持できなく
なってきてるじゃん。登りとはいえね。
ペース落とすのか?」

今まではそれほど意識をしなくとも、予定ペースは
維持できていた。全く頑張っている感じなどなかった。
ところが、折り返しを過ぎてからというもの、
少し意識しないと目標ペースからこぼれそうになってきた。

再び高架橋を登り切り、下りで落ちたペースをとりもどそうと
ピッチを速くした。そして、また緩やかな登りとなり、
少しずつ足が削られるのを感じた。

「ちょっとキツくなってきたかな。
この感じじゃ30k以降はかなり厳しい勝負になりそうだなぁ。
後半上げれないかもしれないけど、
そのときは5分13秒を守るかたちでもいいや。
粘れ、粘れ!」

キツさを感じるのも無理はなかった。
21km地点を過ぎてからというもの、平均心拍は
167bpmを超えていたのである。そう、私は既に
Tペースの強度で走っていたのだ。

「なんか、心拍数高いや。体調悪い?
いやいや、そんなことないつもりだけどなぁ。
やっぱ、あれでしょ。このアップダウン。
鹿児島マラソンがこんなにもアップダウンが酷いだなんて
地元の私ですらきづかなかったよ。」

桜島を望む海岸沿いの国道10号線は思った以上に登り下りが激しかった。
勾配がそれほどでもないので気づきにくいが、
常に登るか下るかで平坦が少ないのだ。

「これからの方がもっとアップダウンが強くなるのに。。。
まあ、とにかくこれ以上強くはいけないから、
何とかこのペースを維持しなきゃ。」

そしてその時は突然やってきた。

「うはぁ、やべぇ、左ふくらはぎ攣りそう・・」

咄嗟にペースを落とした。こういう時は、
ペースが速すぎて酸素が足りないか、シャリ切れなのだ。

「ふぅ、なんとか攣らなかった。セーフ、セーフ。
でも、もうエネルギー枯渇なの?空っぽなの?」

不安になりながら、少し落としたペースをそのままに
1.2km程度走ると今度は本物がやってきた。

「やっぱ来たよ~。ガチなやつ~」

こうなったらやれることは一つしかない。
ペースをグッと抑えて、攣らないギリギリのスピードで
ただひたすら耐えるだけだ。

「さっき、補給したばかりなのに、やっぱムリだよね。
そりゃそうだわぁ。」

300kcal/hrというのが、消化管で糖質を吸収できる限界だそうだ。
つまり、空っぽになってからMペースを維持することなど不可能で、
せいぜいEペースを守れたら御の字なのだ。
知っていた。もちろん知っていた。
攣ったら最後で、そこでマラソンが終わるのだ。

だからこそ、オーバーペースを避け、
前半はゆっくり入り、エネルギーを温存し、
後半エネルギーが持ちそうならペースをアップを図る
ネガティブスプリットが良いとされるのだ。

以前このブログに、
レース本番で32kまでを160bpm程度の心拍数で走れたら、
多分勝ちが見える、と書いたことがあった。
心拍がそれ以上に上昇していることをずっと無視し続け、
それを受け入れなかった結果がこれである。
中盤から完全に負けパターンに入っていたのだ。

「でもね、今まで練習ではこれより早いペースで走っていたのに、
一回も攣った事なんてなかったのになぁ。
まあ、でも仕方ない。あとは耐えるのみだよね。」

25km-30km
5'09"-5'20"-5'14"-5'18"-5'30"(26'33" 公式 27'00")


「せめて30秒落ちのEペースを保てたらなんとか50分は切れるのでは、
粘れ、粘れ、なんとかしろ!」

そう思いながら走り続けるが、無情にも足の辛さは増すばかりで、
力を込めようとすると攣る直前の状態になるのだった。
もう、スピードを緩めるしか手立てがなかった。

そんな感じで撃沈していると後ろから張りのある声が聞こえてきた。
「激沈上等。○○○○!。」
後半は何をおっしゃったのかよく覚えていないが、
声の主がTHさんである事はすぐに分かった。

「いやぁ、本当に激沈しちゃいましたよぉ。」

そう伝えるとTHさんは颯爽と私を抜き去った。
THさんの腰にはビニールのようなモノが挟まっており、
ゼッケンが良く見えなかったが、
きっとブログでお礼が言えるだろう、と見送った。
少しばかりついて行こうとはしてみたものの、
3秒と持たずにそれも諦めた。

スタートから降り続く雨はこのとき最も激しくなってきた。

「最近のレースは雨ばかりだなぁ。
信越は土砂降り。ハセツネは朝の雨が酷かったけど、
レース中は余り降らずに助かったなぁ。
でんしろうも最後の1時間はずっと雨だったし。
本当に降られっぱなしだぁ。
晴れの日はいつくるのかな。今度はきっと晴れるよね?」

30km-35km
5'54"-5'51"-5'44"-5'43"-5'54"(29'09" 公式 29'37")


だんだんペースが落ちてきたが登り勾配もあり、
とうとうキロ6分も維持できなくなってきた。
それでも何とか走り続けたい、と思ったが、
どうにも足が攣りそうになって止まった。

道路脇に寄り、何度か足を屈伸したり、
アキレスを伸ばしたりしてみたが、
かえって攣りそうな気配がして、また走り出した。
JRとの立体交差の橋の所で、たまらなくなって
とうとう自らの意志で歩いた。

「くそぅ、そうじゃないだろ!」
歩いて3歩目にはまた走り出した。
踏み込む左膝には痛みが出だした。

「なんだ、オーバーペースだけじゃなくて、
足もしっかり出来ていなかったのかぁ。
こりゃあ、また1から足を作り直しだな。」

12月から痛めていた左膝が同じような感じで痛み出した。
それでもまだ走れていられるだけ随分マシだな、と思った。
左膝の痛みは強くなるばかりだったが、それでも走っていたかった。

仙巌園の前のエイドには沢山の声援が飛び交っていた。
ここまで給水を1か所取っただけで、
補給は全て自前のジェルとスポドリで賄っていたが、
最後のこの大エイドに寄ろうかと思ったがやはり素通りした。

大きなポーチの中には食べかけのジェルと
ピットインがまだ残っていたが、
もう何をやっても無駄なような気がしてそのまま口にせず走り続けた。
30km地点まではほとんど手つかずだったスポドリだけは、
何度も口に含み最後まで飲み干した。

鳥越トンネルを抜け、再び市街地近くになって
やっと40km地点を通り過ぎた。

35km-40km
6'14"-6'12"-6'32"-5'52"-6'33"(31'24" 公式 31'23")


40kmを過ぎた辺りで3時間37分だった。

「そうか、残り全部歩いたとしてもサブ4にはなるのか。」

一瞬残りは全部歩いてやろうか、とも思ったが、
不本意でもなんでも自己ベストなんだから、
たった1秒でも削り出せ、とどこからともなく激を飛ばされた気がした。

最後の陸橋を登り切り左折と右折を1回ずつしたところで
やっとゴールが見えてきた。
ゴールが見えると少し元気が湧いてきて少しだけスピードも上がった。。
最後は少し走れる感じでゴールした。
ゴール後にコースに1礼して会場を後にした。

決していいレースじゃなかったけれど、なぜか笑みがこぼれてきた。
苦笑いを含んだ、そんな笑みだった。

左膝は思った以上に痛んでいた。
普通に歩くのもままならない感じだった。
そのとき思った。
「激沈してたけど、そうか、俺頑張ってたのか・・・」
こういうの含めてマラソンなんだな、と感じた。

40km-ゴール
5'58"-6'01"-2'46" 42.50km(SF-850) (14'45" 公式 12'57")

Gross 3゚53'30" (net 3゚52'02")


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

にほんブログ村

~~~~~~~~~~~~~~~~

ごめんね文字だけで。写真は実際撮ったのもほぼゼロでした

じゃ、ガーミンの一部記録だけ

(スタートライン90m手前からの記録)

2017 鹿児島マラソン Garmin

なんだ?!累積上昇347m ってw

山岳レースとは気づかなかったわw

ワロタw