Information

kpinkcat(モモネコ)

Author: kpinkcat(モモネコ)

2009年1月からジョギングを開始するも、
数か月すると走らなくなる。
3年ごとにブームが訪れ、今回3度目。
2015年に過去最大重量を記録した
のをきっかけに再び走り始める。
今度こそ、過去最速を目指したい。
自分を取り戻す旅。。。

Recent Posts

 岩本さんのブログもたまに拝読させて
いただくのですが、本日初めて
「岩本式ビルドアップ」なるものを知りました。

岩本式ビルドアップとは、5kmで3段階。
1段目 5km 自分のMペース(マラソン設定ペース)
2段目 5km 1段目より1分早いペース(-12 sec/km)
3段目 5km 2段目より1.5分早いペース(-18 sec/km)

だそうです。
これが達成できないと、設定タイムで走りきるのは
難しい、と岩本さんは言われているとか。

これをダニエルズさんのVDOT 54(サブスリー相当)に当てはめると、
1段目 Mペース(@4'14)
2段目 Tペース(@4'00)
3段目 Iペース(@3'41)
に近いペースでビルドアップすることになります(白目w)

ワタクシ、5kmTT Iペースができなくて悩んでいるのですが(爆)

Iペース5kmはだいたい5kmの自己ベスト近いタイムになるので、
当然、岩本式ビルドアップを達成するためには、
ダニエルズさんのVDOTをそのまま適応できないと考えます。
おそらく、少なくとも、VDOTで2段階、できれば3段階くらい
上の実力がないと、この岩本式で15kmは厳しいでしょう。

つまり、岩本さんは非常に現実的なことを言っているのだと
思います。

だって、ダニエルズさんのVDOT 5km達成できる人が、
その横に書いてあるマラソンタイムなんてほとんどの人が
達成できてない、と思うからw

VDOT表では右上がりのタイムになる人がほとんどで、
右下がりのスタミナ型の方ってかなり少ないと思います。
スタミナ型になろうとすれば、きっと鉄人のような意志で、
相当な走り込みをしなければならないでしょうね。

実際にスタミナ型の方もいらっしゃるので、
そういう人は素直に尊敬します。はい。
有森さんも高橋さんもスタミナ型です。
あの、鬼監督はそういう風にマラソンランナーを
育てることができる名人なんだと思います。
(どこの世界に 5kTT ×4 なんてやる市民ランナーがいるのだ?!
それだけで尊敬します。)

一方、ダニエルズさんの設定ペースは実際練習すると、
若干ゆるめに設定してあると思います。
R:1600m I:5000m T:10000m M:マラソン のベストタイムくらい。

信越五岳は走れるトレイル、と言われますが、
「走れるトレイルは走らされるトレイル」と
表現した方を2人程見かけました(笑)
(実際、全行程しっかり走らないとサブ4レベルでは完走は厳しいです)

ダニエルズさんの方式もまさにそれで、
「怪我しないように設定したタイムなんだから、
それくらいの強度は練習できて当然でしょ?
しかも、間に休み入ったり、半分くらいの距離しか要求してないし」
という、走らされるトレーニングメソッドかな、と思います。
(あ、無理のないトレーニングメニューってことです)

本来的には自己ベストが、あるVDOT Aのときに、
VDOT Aの練習メニューに取り組むようにできていますが、
1段上のメニューでもいいのじゃないかなぁ、
なんて思いながら実践してます。
ということで、早くVDOT42 の 5kタイムクリアして、
VDOT43 へと昇格したいな、という話でした。


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
本日、Tペース4km + Eペース2km + Tペース3kmを
走ってきました。心拍は最終的に174bpmであり、
93%HRR、95%HRmax(Tペースは 88~92%HRmax を想定)
くらいなので、「まだまだ修行が足りん!」、と言われましたw
(追記)
私が岩本式をやるなら、中段をMペースにする感じで、
最後の5kmをTペースくらいになるようにするかな。
最後をMペースぐらいで終わってしまうビルドアップは
ちょっともったいない気がしています。
(けど、朝練なら最後Mペースぐらいでちょうどいい?)