Information

kpinkcat(モモネコ)

Author: kpinkcat(モモネコ)

2009年1月からジョギングを開始するも、
数か月すると走らなくなる。
3年ごとにブームが訪れ、今回3度目。
2015年に過去最大重量を記録した
のをきっかけに再び走り始める。
今度こそ、過去最速を目指したい。
自分を取り戻す旅。。。

Recent Posts

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • -
  • -
高校時代の友達が霧島に遊びに来てるから会えないか?、
とのお誘いであってきました。
家族旅行みたいだったので、会う前にえびの高原辺りで
夕方まで暇をつぶしがてら走っちゃえ、と計画。

5時くらいに起きて、7時くらいから走れたらいいかな、
と思っていましたが、安定の寝坊をかまして、
えびのエコミュージアム駐車場に到着は11:30頃でした。


なにこれ?!マジで?!(・。・;


愛車の温度計は3℃を示し、外は強風とあられ。
たとえ早起きしてても、きっとのたれ死んでしまうような気候。
気温も低かったですが、風が強くて凍えそうな感じ。

うはぁ、コレ上はダメなやつなんじゃない?

そう悟った私は時間も少ないことだし、
きりえびコースの後半でいいかな、と予定変更しました。
きりえびコース図
(霧島・えびのエクストリーム コース図 後半)

白鳥温泉下湯を目指して北上したのですが、
500mもしないうちに閉鎖ロープと看板が。

「硫黄山噴火により1km圏内立ち入り規制中」

ありゃ?!下湯への登山道入り口もかぶってる!
これ、絶対下っていけない奴ジャン(*_*)

あ、そういえば来るとき大浪池登山口にやたら車が
止まっているとおもったら、あそこから韓国岳登るしか
ないからか。。。
でも、大浪池から韓国岳の登り階段って、
バランス崩して踏み外したら、死ねる箇所だよなぁ。
大丈夫なのだろうか。

とちょっと心配しました。

きりえびコース前半部分は37kmなので
今からは遅すぎて友達を待たせてしまう。
(寒すぎるので行く気もない)

仕方がないので、えびの岳だけぐるりと回ってお茶を
濁すことにしました。
(スタート地点南西の半円形のところ)

えびの岳
4.36km 46'47"
(10分くらい登山口探しでうろちょろしてました)

えびの岳の下りは気持ちよく走れる区間なのですが、
両膝の膝蓋骨の下あたりにわずかに違和感あったので、
ちょっとダメージあるんだな、と思いました。

戻ってきた後、寒いので売店でうどんをいただいた後、
夕方まで暇すぎるので、
高千穂の峰の方に行けないかな、と場所移動しました。

高千穂河原駐車場からは、御鉢付近までは見渡せましたが、
頂上は雲の中。
高千穂の峰を越えて、北に下り、ぐるりと高千穂河原に
戻ってくるコースなら、3時間もあれば戻ってこれるかな、
と13時半くらいから登ることにしました。

高千穂峰は小学校の修学旅行以来だなぁ、とか思いながら
こんな石段とかあったかなぁ、と全く記憶がない中登りました。
石段が終わり、御鉢へのザレ場付近に来ると風が強く感じました。
途中下山者の夫婦とすれ違いました。

下山夫「今から頂上まで行くの?」
私「あ、はい。頂上越えて、それから向こう側に降りる予定です。」
下山夫「御鉢まで登ると、すごい風だよ。気を付けてね。」
私「ありがとうございます。」

そのまま頂上目指して登りましたが、100mも登らないうちに
強風が容赦なく吹き付け、体が風に持って行かれそうになりました。

うぉおおお!こりゃ、あかん!あかんやつやぁ!
これほどとは思わなんだ!

あっさりあきらめ引き返すことに。
先ほどの下山夫婦にすぐに追いつきました。

下山妻「あら。降りてきたの?」
私「あ、はい。風強すぎて、こりゃ無理だな、と思いました。」
下山妻「私もね、あと160mくらいのところまで行ったのだけど、
    もう、風がひどすぎて引き返してきたの。
    あられがバチバチバチって顔に当たって凄かったの。」
私「最後の登りは急だし、きっと正解ですね。」
下山妻「正解?あとちょっとだったのに?」

奥さまは心残りがありそうな感じでしたが、挨拶して別れました。
でも、無事生きて帰ってきたなら全ての選択は正解だと思います。
生きている限り何度でもチャレンジできますからね。
それに、ここ普通の登山者でも1時間半くらいで登れるところだし。
また気軽にこればいいのだよね、と心の中で思いながら下ってきました。

2.10km  32'32"

下山後余りにも体が冷えたので、売店に入ってコーヒーを注文。
売店のご婦人は硫黄山が噴火してから、登山客が激減した、と
嘆いておられました。今日はあなたが3人目のお客さんよ、と
寂しそうに話していたので、うどんを追加注文しました。
新燃岳の規制も解除されて、はやく霧島連山縦走したいな、と
改めて思いました。


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
~~~~~~~~~~~~~~~~
Tシャツ、キャプリーンMW、モンベルライトジャケット、
モンベルストームクルーザーでちょうどいいくらいの寒さでした。
フードかぶってましたが、フードの中に風が入り込み、
風船のようにフードが膨らんで、メガネがずれそうになった時点で
ヤバー、っとなったのです。コレ、ヤバイでいいよね?!



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。