Information

kpinkcat(モモネコ)

Author: kpinkcat(モモネコ)

2009年1月からジョギングを開始するも、
数か月すると走らなくなる。
3年ごとにブームが訪れ、今回3度目。
2015年に過去最大重量を記録した
のをきっかけに再び走り始める。
今度こそ、過去最速を目指したい。
自分を取り戻す旅。。。

Recent Posts

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • -
  • -
私の初トレイルはDNFとなった。
晴天ですら、ギリギリの完走目標だったので、
今回の雨天で実力が及ばないことは、
スタート時よりだいたい予想がついていた。

それでも、とにかく最後まで諦めずに進もうという気持ちは
常に持っていた。そうでなければ、ネコさんに合わす顔がない、
と思っていた。

石川弘樹さんも苦渋の決断だったようだ。
選手の安全性を考慮すれば、5Aにおける関門繰り上げは
正しい判断だったと思う。
通常の関門時間なら通過できていた方はさぞかし悔しい思いも
されたかと思うが、夜間雨で濡れながら、
低体温症とも戦わねばならない状況は
安全確保の意味で許容できなかったと思う。

夜間、視認性の悪く滑りやすいトレイルで、
寒さも加われば転倒の危険性は格段に高まり、
思いもしないけが人が出たかもしれない。
骨折してから、自力でエイドまで行かねばならぬ可能性を考えると、
未然にそれを防ぐのが主催者の役目であり、
的確な判断がされたと個人的には思っている。

この大会に出たかった理由の一つに、
石川弘樹という男を見て見たかった、というのがあった。
笑顔が素敵な優しい男という印象だった。
神出鬼没でどこにでも現れ、
ハチに刺された人が出たから気を付けてください、
とか、まだ前半なので抑えていってください、とか、
噂通り、ここまでやるんだ、というような感想だ。
きっと今年も最終ランナーを見届けたのだろうな。
私が女だったら、惚れそうになるけど、
敵が多いから、身を引いてしまう、といった感じで惚れただろうw
そんな素敵な男だった。

今度見る機会があったら、
信越の見事な判断、感服した、と伝えたい。
きっと、今でも優しい男はあの判断が正しかったのだろうか、と
自問自答しているに違いない。

今年のUTMFやSTYも短縮や中止で大変だったようだ。
選手の皆さんは、さぞ残念だったに違いない。
この日の為に頑張ってきたのにね。
来年出場を望んでも、抽選に当たるかわからないし、
ポイントが次回の申し込み時に足りなくなってしまう人もいるだろう。
全てが自然の為せる業で、受け入れざるを得ない。
それが、トレイルランナーとしての資質なのかもしれないな、と思う。

でもね、私に関していえば、通常の関門時間にすら間に合わず、
とても情けない思いをした。ネコさんには本当に済まなかった。
この悔しい気持ちは、全く受け入れ難い。
もちろん、最初から無謀な挑戦だったのかもしれないが、
それでも、久しぶりだ。こんなにも悔しい、と思ったのは。
二度とこんな思いでトレイルを走りたくはないな、と思う。


もし、大会当日晴天だったら完走できたのだろうか、と問うてみる。
たぶん、5Aはクリアできたと思う。
それでも、完走できたかどうかは正直わからない、としか言いようがない。
それというのも、翌日の体のダメージが半端なかったからだ。
座るのも、座ってから立ち上がるのにも困難を極めた。
両肩、背中、両足と今までにない程の筋肉痛だった。
幸い膝は何ともなかった。
ダメージは主として筋群であり、関節は何ともなかった。

だから、痛みを押して走り続ければ完走できたかもしれないし、
63kmで止まったから、その程度で済んだとも言えなくはない。
明らかなのは基礎的体力は足りていない、ということで、
確実に完走できる実力からはまだまだ程遠い、という事実だけが残った。
ダメージからの回復の為に、レース以来まだ全く走れていない。

もっと強くなりたいな。
こんな楽しい物に出会えたのだもの。
余裕を持って、景色を眺めながら、
生きているんだな、って思うのだ。

信越五岳は楽しむためのレースだそうだ。その通りだと思う。
今は実力が全く足りない。もっと精進しようと思う。
来年、また出場の機会が得られたとしたら、
もっと余裕を持って楽しんで走りたい、と思った。
そのためにこれから1年しっかり準備をしようと思う。

ネコさんと別れた後、何度かCメールした。
あまりお役に立てませんでしたが、来年エントリー出来たら
声かけてみてくださいませ。リベンジしましょう。
まずはごゆっくり


よかった。この一言で救われたような気持になった。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
3Aを出てからは関川沿いを走ることになる。
周りに日差しを遮るものはないので、例年暑さとの戦いになるようだが、
今年はその心配は全くなかった。
この先、どれだけ走れる区間があるかわからないので、
あと10分なんとかせねば、という思いで走った。

しかし、ダラダラ登りと皆は表現するが、この道結構な坂もある。
7.5kmで190m程登る。前半はそれなりに走れるが、後半は結構きついのだ。
早々に関川を全部走るのはあきらめ、心拍数をみて走る事に決めた。
心拍が155bpmまで上がったら歩き、143bpmくらいまで下がったらまた走ることにした。
100数える機械になったアレキさんと、心拍見て走る私とでは
どっちが速いのか、などと考えながら走った。
「きつくても、なんとしてでもネコさんのところまで行かなきゃ。」
その一心で走った。それでも足は重く走っても8分/km程度だった。
「ここまで巻き込んで、走ってもらわない訳にはいかないでしょ。」
と自らを鼓舞して走った。

関川の橋を渡るところでは、石川弘樹ばりにR2さんが出没し、応援してくれた。
私も必死に手を振って応えた。

橋を渡るとトレイルだった。A3までのドロドロトレイルよりははるかにマシだったが、
それでも急な登りでは強く踏み込まねばならなかったし、
下りでは慎重に進むしかなかった。
A3以降は下りで脱力しながら、走って呼吸を整える算段だった。
しかし、今は登りも下りも神経を使い、平地は走らねばならなかった。
休まるところが全くないのが雨の信越五岳だったのだ。

平地での貯金は登りと下りで全て持っていかれた。
せめて、下りで借金しなければなんとかなるのに、と吐露するだけだった。
トレイルの坂を登りきるとあとは下りだった。

坂を登りきる手前では靴の中で左足の薬指がつった。
なんか、薬指が変な方向むいてご機嫌ななめ。
でも、いいか、無視してればそのうち機嫌が治るだろうと、無視した。
いままで、指がつって無視した経験はなかったが、断固無視した(笑)。
そうすると相手もつり飽きた様子で大人しくなった。
「お、無視してもなんとかなるのな。」
不思議な体験だった。もちろん痛いのだが、他にも痛いところがあるので、
そんなものかまってられなかったのだ。

下りになり、ちょっと走れるトレイルになってきた。
すると今度は左足の中指と人差し指が同時に反乱を起こした。
今度もガン無視すると、それもしばらくすると落ち着いた。
「自分でやっててなんだけど、つったの無視するって、なんなの?
 しかも勝手に治るしw」
もうわけわからない足の状態だったようだ。
小さな指たちの反乱が治まった頃、エイドに着いた。
そこにはR2さんがまたもや待っており、手を振ってくれていた。

4A 51.4km  IN 9:30 (予定 9:00)OUT 9:35
(実際の時刻は7分遅れています)

手を洗い、トイレを済ませ、またもや大量のバナナを放り込んで
すぐさまエイドを抜けた。
エイドの出口ではR2さんが手を振って応援していてくれた。
「絶対に最後まであきらめません!」
そう思いながら私も大きく3回腕を突き上げるようにして応えた。



4Aを出るとすぐ急登となり、林道へと続いていた。
この林道が結構急で歩くほかなかった。
走り出したいが、30mも登るとすぐ息が切れそうになった。
今のうちに食べておけ、とずっとザックで眠っていた朝食のパンを食べた。
走れる時に走る為、補充、補充ともぐもぐ口を動かしながら登った。

数人に林道で抜かれ、数人追い抜いた。
自分は同レベルでは登りは強い方ではないか、と思っていたが、
どうやらそうではなかったみたいだ。
もっと登れる強い体が必要だな、と心に刻んだ。

林道を抜けるとまた走れそうなトレイルとなった。
しばらくは走れたのだが、時折急な下りが入る為、
どうしてもペースアップできなかった。
「せめて下りで走れたら・・・」
何度もそう思った。岩場になってからも下りのトレイル状態は悪化する一方で、
関川に下る坂は慎重に下りざるを得ない状況だった。

関川の橋に到着すると、1人ずつ渡らなければならなかった。
前に2人並んでおり、順番をまった。
後から女性が一人下りてきて、私の後ろに並んだ。
「あと20分くらいですよね?関門まで。」
と問いかけると、その女性は少し苦虫をかんだような表情で
「そうですね」とだけ答えた。

つり橋を渡り、急登を上がると名物の土管が見えた。
発電設備らしいが、水でも流れるのだろうか。
その脇の九十九折りの登りには、人工マットが敷かれており、滑ることはなかった。
登りは急だったが滑らなかったので、今までの登りより遥かに登りやすかった。
「やはりか。滑らないと、こんなにも楽なのか。」
全てはその登りで悟った様な気持ちになった。

雨がなければ、登りで足を使うこともなかっただろうし、
下りであれほど慎重に下りずとも、楽しく駆け下ったのだろう。
でも、全ては私の力不足。なんだろうなぁ。やはり無謀だったのだろうな。
でも、後悔はないよ。来てよかったよ。
惜しむらくは、ネコさんと一緒に走るという願いは・・

残りはあと2km程だった。残りあと10分となった。
5分/kmの速さで2kmなど、今から走れるわけがなかった。
それでも走らずにはいられなかった。
走った。
走った。
一生懸命走ったが、たぶん8分/kmよりも遅かったと思う。
まだまだ坂が急でスピードなんか出なかった。

あと残り3分・・間に合わないけどそれでも走ろう。
そして、前に2人で歩いているランナーに追いついた。
彼らは不意に話しかけてきた。
「残念でしたね。」
まだ、関門時間を超えていないのに、と思った。
(本当は時計が7分ずれていたので関門時間は過ぎていた)
「関門が30分繰り上がって、17:00までだったらしいですよ。」
「関門繰り下げ期待していたのに、まさかの30分繰り上げですからね」
そうだったのか、もう30分も前に閉鎖時間は過ぎていたのか。
一気に力が抜けるのを感じた。もう、走る気力がなかった。
走っても体が凄く重たかった。

アレキさんのブログを読んで信越五岳に出てみたい、と思った事。
無謀にもクリック合戦に参加して、ハセツネにも出ることになった事。
ネコさんにペーサーを引き受けてもらって、とてもうれしかった事。
色々な事が頭を駆け巡った。
しばらくするとR2さんもやってきて、
「残念でしたね。頑張りましたよ。」
と声をかけてくださった。
そのまま歩いて5Aに向かった。
力不足は感じていたけど、それでも悔しかった。
いろいろな感情が駆け巡り、年甲斐もなく涙が出そうになった。
一番悔やまれるのは、ネコさんを待たせるだけになったこと。
本当に申し訳ない気持ちでいっぱいだった。

そしてA5に着いた。時計は12:22を示し、low batteryの表示が出ていた。

ネコさんは表情を変えず、こちらに向かってきてくれた。
ネコさんの手を握った。
「ホント、済みません。折角ネコさん受けてくれたのに。
俺、ネコさんが受けてくれて凄まじく嬉しくて、
練習も自分なりに一生懸命やって・・・できる限りのことしたのですが。
本当にすみません。」
自分の顔がしわくちゃになっているのが分かった。
謝っている間、強く手を握りしめた。
ネコさんも強く握り返してくれた。

「まあ、今回は仕方ないよ。サブ3近いタイムの人でも、
関門切られている人もいたし、厳しいのは確かだったからね」
優しくそう言ってくれた。
「女性は特に厳しかったみたいで、馬力があって登れる男は大丈夫みたいだったけど
女性はほとんどダメだったみたいだよ。」

私の事は一切とがめることをせず、最後まで懐の深いネコさんだった。
手を強く握り返してくれた時には少しうれしかった。
もちろんいままでもそうだったけど、この人は信用しても大丈夫だと思った。

「俺、来年も出ます。このままじゃ終われません。」
ネコさんはうなずいて、手を強く握りしめてくれた。

こうして私の信越五岳は終わった。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
2Aをでてからしばらくは走れるトレイルだったようだが、
その記憶はほとんどない。
袴岳に登る途中で、先程の男女のカップルが見えた。

男「結構遅れているね」
女「着替えたけど、この先でも汚れるかもね。」
男「あの下りみたいにこの先もなっているかもしれないから、
  ちょっと急ごうか。」
女「そうだね、何があるか分からないしね。」

先に行っていたカップルに追いつき不思議に思っていたが、
どうやら着替えをしていたらしい。
そういえば、ザックにはビニールがすっぽりかぶせられ、
ビニール越しにゼッケンが見えていた。
スタート時からレインを着ていたので、着替えるという発想は
私にはなかったし、きっとこれからも雨は止まないのだろうな、
と思った。

袴岳への急登に差し掛かると、また少し渋滞した。
自重で滑り、また四つん這いにならねばならなかった。
おかげで先程洗った手はまたしっかりと汚れてしまった。
これでは、補給も気が引けるな、とおもった。
「エイドではバナナくらいしかエネルギー補給出来そうなものはないし、
朝食のパンいつ食べようかな」と思っていた。
とにかく、シャリバテで走れなくなるのだけは避けたかった。

いくつか坂を登りきると、ちょっとした下りが出てきて、その部分は走れた。
それが4回程続くと袴岳山頂のようだった。
山頂にたどり着く前のピークでは、
「ようこそ、ニセ山頂へ!本当の山頂はもう少し先にあります!」
とスタッフの方が何度も繰り返し大きな声で知らせてくれていた。
テンション高めでずっとそう繰り返し案内してくれていたスタッフには
頭が下がる思いもしたが、同時になんだかクスリと笑ってしまった。
ホント、有り難いな、と思った。
袴岳-2

袴岳山頂
(これ以降は余裕がなくなり、写真はありません<(_ _)>)

袴岳山頂を超えると、当然のように下りがやってきた。
そう、下りなのだ。そして、ここでもまた、ドロドロトレイルなのだ。
下腿の半分は埋まろうかという足跡がここでも無数に認められた。
「やれやれ、またか。でも、もうどうにでもなれ。」
もう、汚れることにひるむ気持ちはなかった。
ただ、この区間をできるだけ速くクリアする事だけを考えた。
スイッチバックの場所はやはり足の置き場がなく、
ショートカットして超えようとしても、掴んだ草は無情にも長さが足らず、
足元をぐらつかせた。それを幾度となく繰り返し、やっと勾配が少ない場所へとでた。
しばらくトレイルを走ると林道へでた。そこからは随分楽に下れるようになった。

「林道最高!砂利って素晴らしい!」
おんたけウルトラトレイルもこんな林道なのかな、と思いながら下った。
この下りが一番楽に走れた区間かもしれない。
大腿四頭筋に負荷がかからないように走った。
ここで足を使うとこの先の関川で走れなくなるかもしれないから、と
上下動が出来るだけ少なくなるように走った。
時に後ろから抜かれることもあったが、「あせるな、あせるな」と
自分に言い聞かせながら下った。どうやら6分10秒/kmくらいで走っていたようだ。

しばらく走ると左手に民家が見えた。
「ようやくエイド近くまできたか」、と思った。
砂利道はやがて舗装道路となり、両側の木々は姿を消し田んぼが見えるようになった。
コースの左手に折れ曲がる地点では応援の方がいた。
カメラを両手に構えこちらをとらえようとしているようだった。
「誰をうつしているのだろう」、とその方をマジマジ見ていたが、
申し訳なさそうに、「どうぞどうぞ」、とエイドの方に促された。
「ああ、そうか、後ろの女性の方の応援ね」
そこからエイドまで少し登りの舗装路となっていたが、
少し歩いているとその応援者と女性ランナーは走って私を追い抜いていった。

3A 38.5km  IN 6:55 (予定 6:30) OUT 7:04
(本当はこれより7分遅いです)

予定よりさらに遅れを広げてしまっていた。30分遅かった。
この先を予定ペース通り走ったとしても10分足りない、と思った。
タイムロスは袴岳のところだよなぁ、と舌打ちしたい気持ちになった。
すぐに手を洗ってトイレを探していると、先程の写真を撮っていた方から話しかけられた。

男「あ、ひょっとしてネコさんの?」
私「!!!
  あ、はい!そうです!」
男「ああ、よかった。ネコさんからゼッケンナンバーは聞いていたので。
  私、SUBARU360R-2っていう・・・」
私「え~~っ!! R2さんですか!お会い出来ればいいなぁ、って思ってたんですよ!」
と、泥だらけの汚い手で握手を求めてしまった(←本人このときは気づいていない)
R2「頑張ってくださいね。」
と笑顔で応援して下さった。

「これか!これがアレキさんの言っていたボーナスタイムなのか!」
ちょっとテンション上がってきた。単純な性格なのだ。
応援があるのは本当にうれしい。誰かのついででもうれしい(笑)。

あと10分詰めれば間に合うんだ。最後まで、絶対にあきらめない。
そう思いを秘めながら、また大量のバナナを頬張り3Aを後にした。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

1Aを出ると斑尾山頂に向かう急登となった。
1A手前から青いユニフォームを着た男女のカップルが走っていた。
随分トレイルレースに慣れている様子でそのカップルは談笑しながら
レースを楽しんでいた。
男「登りは滑るね。水たまりも多いし。」
女「でも、水が流れているところは滑らないよ。」
男「そうだね。」
女「ぬかるみ避けようとして脇を通ると、かえって滑ったりするし。
  水の中突っ切る方が走りやすいかも。」

私「そかそか、水流れているところの方がドロは流されているから、
  滑りにくいのか。」

登りが急になるにつれ、自重で滑り、酷く登りにくい箇所が増えていった。
直前を先行するランナーの足跡をたどるように進むのだが、
それでもズルズル滑り出す。前のランナーが脇を通るときには、
積極的に真ん中の水が流れている所を通ったりした。
確かに、勢いよく水が流れている所は滑りにくかった。
靴の中は既に水で溢れかえっていた。躊躇する理由なんてなかった。
体力をできるだけ温存するには、ビシャビシャと小さな濁流を進んだ方が
賢明だ、と判断した。

男「雨のレースだからね。ペース遅れてるよね。」
女「いつもと違う事が起こらないとも限らないから、
  ちょっと急いだ方がいいかもね。雨天時の関門とか、変わったり。」
男「そうだね。」

私「あの、すみません、皆さんどれくらいでくらいで
  ゴールするつもりなんですか?」
私は自分がどの位置にいるのかを知りたかった。
女「あ、私たちは21時間くらいを目指してますよ。完走目標です。」
私「おお、それなら僕と一緒くらいですね。」
女性はにこやかに振り返りながら返答してくれた。

私「位置取りはこの辺なんだろうけど、この二人には離されたくないな。」
と思った。人の会話を聞いている方が気が紛れるし、
他のランナーがどんな事を考えながらレースをしているのかも
参考になるからだ。決して、カップルの会話を盗み聞きしたいから、
という理由ではない。(結果的には聞こえてしまうのだが。)
感覚的には、レースの実況をラジオで聞いているようなものだった。

途中で靴の紐が緩んだため、結び直しているうちに、そのカップルは
見えなくなった。あらら、残念と思いながらも先を急いだ。

斑尾山への急登ではドロで滑るために、四つん這いの様にならないと
登れない箇所も増えてきた。1Aまではスムーズだったが、
それ以降は雨の影響が色濃くなってきた。
「晴れのレースならこれくらいの登りで手こずったりしないのに。
 足を踏ん張らないと滑り出すから、体力も削られる。
 ペースも上げられない。いよいよヤバイな。」
そんな事を考えていると斑尾山頂に到着した。
斑尾山頂


眺望はほとんどなく、私は写真を撮るなり、
すぐ下山に向かった。少し焦り始めていた。

下山直後、矢張り足元は滑るのだが、慎重に下れば何とかなる状態だった。
しかし、問題はその少し先にあった。九十九折りのゲレンデに繋がる下りだ。
見晴らしが一気に開けたと思ったら、そこにはひどい世界が待っていた。
私にはトレイルにおける地獄絵図にしか見えなかった。

トレイルの状態はドロ状態がさらに深刻化し、30cmもあろうかという
深い足跡がそこら中に埋め尽くされていた。その中にすっぽり足をうずめ
ながら進むか、自分で新たな場所に足を置くか、なのだが、
新たな場所に足を置けば、そこに自分が30cm程のドロ穴足跡を作るハメになった。
つまり、どこに足を置いても足首より深くドロに足がはまる状態だった。
そういった足元に苦しむランナー達の様子が、ゲレンデのおかげで
100mくらい先まで見渡せるのだった。

「オイオイ、どうなってるんだ、コレ」
足跡が深くある場所はまだよかった。九十九折りの折り返し部分の
全てのドロが削り取られながら傾いている場所が最悪だった。
足の置き場がないのである。つまり、自分もそこに足を置き、
ズルズル滑りながらドロを削るしかなかった。
バランスは簡単に崩れるし、手もドロドロになった。仕舞いには
完全に足を滑らせ背中から地面に落ちた。
後ろの方から、大丈夫ですか、と尋ねられたが、
大丈夫、大丈夫、と苦笑いするしかなかった。
ザックも完全にドロだらけになった。

晴れていれば、この場所って見晴らしもいいし、気持ちよく下って行く場所
なんだろうなぁ、と想像した。しかし、今はこの光景が憎らしかった。
いつもは下りは喜ぶはずなのに、下りなんて今日はいらない、とすら思った。
事実、この日に限っては、登りよりもずっと下りの方がキツかったのだ。
早く下りなんか終わってしまえ、と念じながら走っていると2Aに到着した。
気持ちよく走れたのは2A直前のごく短い距離だけだった。

2A 23.9km IN 4:03 (予定 3:50) 区間 5.4km 1:32(予定 1:25)

途中、滑って転びそうになった時に、手をついた。
手首が曲がってFenix3のストップボタンが自分の前腕部に押される
格好となった。1,2分時計が止まってしまったかもしれない。

追記:(どうやら、Fenix3のデータから、この時点で7分間時計が
止まっていたみたいだ。)

公式では 2A OUT 4:16だった。
2Aに着くなり、ドロドロの手を洗った。靴にも水をかけて、
少しまともな状態にした。2Aの建物の前も大きな水たまりで、
ジャブジャブと突き切らなければ入れない状態になっていた。
手を洗い、トイレに行っただけで、たぶん5分弱を費やした。
それから、頬張れるだけ大量にバナナを詰め込んだ。
コース紹介時にはパワーバーがあるような事が書かれていたが、
ちょっと見では見当たらなかった。エネルギーになりそうなものは
バナナしかなかったのでそれを大量に詰め込んだのだ。

「走りながら補給もしたいけど、このドロドロの手じゃね」
シャリ切れ状態にならないか心配だったが、先を急いだ。
ボトルに給水し、コーラを飲んだら満腹感が出てきたので先を急いだ。
INとOUTのタイム差が13分もあるが、きっと何かの間違いだろう(笑)
(↑そんな訳ないw)
感覚的には8分くらいでエイドを出たと思う。
晴天であればきっと、3~5分くらいで全ての事を済ませられるのに、
と思った。

 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
9/18 大会当日、3時半に起床し支度を整え、
4時半には会場へ到着した。
朝食が用意されており、多くのランナーは既に食事を済ませたようだった。
食事を済ませた後、スタートゲートの前で
ネコさんと一緒に記念撮影。
もう一度、ゴールで写真取れるといいな、と思った。

当日は天気予報の通り雨だった。
スタート時のみ雨足は弱まっていた。
私はほぼ最後方に位置取りをした。
2016SFMT スタート

予定ペースは下記の通り。チャレさんがみわっちさんのために作ったペース表だ。
そして、アレキさんもこのペース表を使っていた。
今年は5Aが昨年よりも3.5km程度手前になったので関門が30分早くなっていた。
    経過時間  関門
1A  2:25
2A      3:50
3A      6:30
4A      9:00    10:00
5A      11:40    12:00
6A      15:15
7A      16:20
8A      17:30    18:30
Goal    21:30
晴天時の予定表なので、この通り進むのはひょっとしたら難しい、
とも思ったが、自分の実力からすると、これ以上のペースで走ると、
後半失速するのは目に見えていた。
制限時間ギリギリでゴールする人たちの、前半のペースはやや突込み気味、
ということが分かっていたので、チャレさん推奨のペースでA5までは
進むことを心に決めていた。できれば後半ペースを上げるつもりでいた。
後方の位置取りは前半突込み過ぎない為のものだった。
当日の天候が雨だったので、それは間違った選択であることをすぐに
思い知るのであった。

カウントダウンが始まり、午前5時30分にスタートした。
緊張もない。興奮もない。緩やかで落ち着いたスタートだった。
スタート直後のどこかで、きっとネコさんが動画を撮っているだろうと
思い、左側の観客席を探すとネコさんの姿がみえた。
右手を挙げて手を振ると、ネコさんはすぐに気づきしっかりと見送ってくれた。

スタートするとすぐに急なゲレンデになる。走れないこともないが、
足を使うような時間帯ではないと思い、スタート直後から歩いた。
S-A1-1
心拍数は150bpmくらいを示していた。私の体力では
歩かねばならない坂だったのだ。
周りもみんな歩いていた。後ろを振り返ると、そこにはわずか10数人程度しか
見えなかった。一番うしろからなんだな、と思った。
S-A1-2

ゲレンデを登る途中、坂が緩やかになると皆走り始めた。
私も流れについていった。5分くらい走っていると、先が渋滞していた。
「あれ?信越ってほぼ渋滞なし、って聞いていたのに。。。きっと、
雨のせいで詰まっているのだろうな。ちょっとペース速めないとやばいか。」
渋滞といっても1、2分くらいですぐに解消するのだが、そういった停止箇所が
何回か続いた。焦っても仕方がないので、流れに乗って走った。

1Aまでのトレイルはとても走りやすかった。ダブルやシングルのトレイルが
混ざり合い、ペースが遅いと感じたら、前を急いだ。
緩やかな上りや下りが続いたが流れに乗っていれば気持ちの良いペースだった。
急な坂は歩きも入れたが、7分半~8分/kmくらいのペースだったようだ。
雨で足場は悪かったが、水たまりを避ければそれほど不快感はなかった。
そうこうするうちに1Aに着いた。

1A 18.5km  IN 2:31 (予定 2:25) OUT 2:34

水を補給し、できるだけバナナとチップスターを頬張り、すぐにエイドをでた。
それでも、どうやら3分近くエイドに滞在してたようだ。
予定より6分遅れたが、ちょっとした渋滞のせいだったので気にせず進んだ。
このときは、そのうち遅れも取り戻せるだろう、と考えていた。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。