Information

kpinkcat(モモネコ)

Author: kpinkcat(モモネコ)

2009年1月からジョギングを開始するも、
数か月すると走らなくなる。
3年ごとにブームが訪れ、今回3度目。
2015年に過去最大重量を記録した
のをきっかけに再び走り始める。
今度こそ、過去最速を目指したい。
自分を取り戻す旅。。。

Recent Posts

ジョギングを始めてから満3ヶ月が経ちました。
今までは特にケガらしいケガはなかったのですが、
ここへ来て故障が顔を覗かせ始めました。

今週は水・木・金 の練習でしたが、
何れの日にも途中で膝痛が出始め、
その後は歩くことを余儀なくされました。
初日は3km、次の日は2km、昨日は1kmの地点で
左膝痛がおきました。

最初のうちは大丈夫かな、いけるかも知れない、
と思って走ってはみるのですが、
そのうち痛みが出てきます。
少し、疲労が出てきて筋肉の緊張が弱くなってくると
いけないみたいです。

しばらく歩くとまた数百メートル走れます。
でも、必ずまた痛みが出てくるのですね。
膝関節が直接擦れて出る痛みではなさそうです。
おそらく、ランナー膝/腸脛靭帯炎 でしょう。
左膝外側にピリリと来ます。
どうやら膝の筋力増強の他にも、
ストレッチ・アライメント矯正が有効なようなので、
ストレッチを十分にしてみようと思います。
こちらを参考にしてみます:
WASEDA CLUB
ITB Syndrome

腸脛靭帯炎 Iliotibial band syndrome(ITBS)
腸骨から起始する大腿筋膜張筋 Tensor fasciae latae と
大臀筋Gluteus maximusが腸脛靭帯 Iliotibial bandとなって
脛骨Tibia へと終止するが、腸脛靭帯が大腿骨の外側上顆と
擦れることで炎症を起こす。

実はジョギングを始めてからすっと、大腿筋膜張筋の痛みは続いていました。
特に、10km以上に距離を伸ばした辺りから、
足の付け根(上/下前腸骨棘やや外側)の張りを強く感じていたんです。
走れば痛みが出てくるのは当然、と思いながらも、
有効なストレッチを十分してこなかったのが
今の故障につながったのかも知れません。

偏平足、ストライド走法の人になりやすいという記述も見受けられます。
ワテクシ、走り方としては、筋肉があった頃の記憶しかないので(笑)
走り方自体に多少無理があるかもしれません。
足に負担の少ない走り方から徐々に力強い走り方へと移行していく
必要があるのかもしれませんね。

来週は木・金のみのトレーニングになりそうですが、
雨が降らないことを祈ってます。
とりあえずは室内で膝トレをしてみます。
最近 Wii の シェイプボクシングを始めました。
フットワークの練習が丁度膝に効いていい感じです。
ちょっとやっただけでスゴイ筋肉痛。
体全体がなまってますねぇ~~


にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ 人気ブログランキングへ