Information

kpinkcat(モモネコ)

Author: kpinkcat(モモネコ)

2009年1月からジョギングを開始するも、
数か月すると走らなくなる。
3年ごとにブームが訪れ、今回3度目。
2015年に過去最大重量を記録した
のをきっかけに再び走り始める。
今度こそ、過去最速を目指したい。
自分を取り戻す旅。。。

Recent Posts

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • -
  • -
1週間ぶりに走ってきました。
距離は10kmでした。
膝の痛みが出るだろうと思い、最初から緩やかにはいりました。
1kmのウォーキングの後、フォームを確かめるように
ピッチ走法を意識して走りました。
3kmくらいから案の定、左膝痛が出てきました。
ほとんど歩きそうになりながらも、
競歩のようなフォームで、
止まらないように走り続けました。

痛みはありました。けれども、ペースを落として、
緩やかに着地すれば、痛みは少しずつ引いてくるもの
なのですね。腰の位置を高く意識して、
小刻みに足を進めます。
着地はやわらかく、足は前後に真っ直ぐ出します。
すると、痛みがない走りが分かってきます。
痛みが出ないスピードも分かってきます。
体がLSDのペースを教えてくれるようでした。
今の君にはこれくらいのペースが無難だよ、
といわれた感じです。

9km走った後に1km歩きました。
すると、筋肉の張りが伝わってきました。
CW-Xを穿いているからこそ気付くものなのでしょうが、
確かに下りの時に左外側やや後面が張っています。
そして、若干右の腸脛靭帯の張りも感じました。
この辺に強い負荷がかかっているようですね。

今は膝痛とのうまい付き合い方を学ぶ時だと思っています。
走りながら故障しない程度に膝を鍛えつつ、
強い持久筋を作っていく過程なのでしょう。
走れなくならないように負荷をかけていきたいものです。
早くまた、気持ちよく走れるようになりたいですね。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ 人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。