FC2ブログ

Information

kpinkcat(モモネコ)

Author: kpinkcat(モモネコ)

2009年1月からジョギングを開始するも、
数か月すると走らなくなる。
3年ごとにブームが訪れ、今回3度目。
2015年に過去最大重量を記録した
のをきっかけに再び走り始める。
今度こそ、過去最速を目指したい。
自分を取り戻す旅。。。

Recent Posts

2回の30km ペース走のチャレンジが失敗に終わり、
気分的に落ち着かなかった。
「このままでは、25km以降で足が止まるのは必至ではないのか」、
という疑念は一向に晴れなかった。
間隔的には短かったが、レースまでもう猶予がなかったので、
大会11日前に、これが最後のロング調整、という気持ちで
20kmをキロ6で走ってみた。

幸い最後の20kは思い通りのペースで刻めた。
もちろん、不安は残ったままだったが、
意図する距離を意図するペースで走れたのはこれが最初だったので、
少し気分を良くした。前2回のチャレンジでも20kmはキロ6ペースで
通過できていたので、状況が改善したわけではなかったが、
とにかく気分的には少し落ち着いた。
その後、4.5kmのMペース走を一度、ラングレスを2度行って、
大会を迎えた。大会前日は、受付を済ませた後、
熊本市内のポータルを巡り、メダルミッションも完成したが、
すべて歩きだった。

熊本城マラソン当日は快晴だった。
6時半に起床し、朝食を食べ、7時半にタクシーで会場に向かった。
コンビニでおにぎり2つを買い、出走30分前に食べた。
ランニングポーチにはジェルを3つ詰め、10km毎に補給する算段でいた。

私は普段から、食後1~2時間くらいでジョギングすることが多かった。
胃に何か入った状態で走るのに慣れていたし、
そんなに早いスピードで走る訳でもないので、
特にわき腹が痛くなるようなことはない、と知っていた。
おにぎりを食べたのは最初の10kmの糖質補充の為と考えてのことだった。
できるだけ、体内のグリコーゲン枯渇を防ぐためだった。
そんなにすぐに吸収されたかは定かではないが、
遅くともゴールまでには消化するだろうから、
糖質の足しになればいい、と適当に考えていた。

この大会まではGPSウォッチはARESを使用していたが、
エプソンから大会直前に新型脈拍計付きGPSウォッチが
発売されたことを知った。
ARESでも胸バンドを装着すれば心拍を計測できていたが、
特段心拍情報以外に目立った解析もなかったので、
2~3回使用して、あとは放置だった。
細かい解析があれば、もっと使用したかもしれないが、
閾値走やインターバルを禁止としていたので、
心拍情報をそれ程必要としなかったのも、使用しない一つの理由だった。
脈拍センサーは途切れることも多々あるとのことで、
迷ったが、今後の為にSF-850を購入した。
Garmin 635/235が既に発売されていたので、
非常に迷ったが、今回はエプソンを選んだ。
もし、235Jが出ていたら、購入していたかも知れなかった。

大会当日は左腕にEPSON、右腕にARESを装着した。
SF-850はGPS記録が1秒毎だが、ARESは5秒ごとなので、
どれ程の違いがあるかも非常に興味があった。
ARESの心拍計も装着し、脈拍センサーとの相関も検証したかった。

そんな感じでスタート地点に向かい、あとは出走するだけとなった。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



目標が決まればやることは決まっていた。
前回のフルでレース3週前と5週前に30km走を行い、
その他は週1回20kmくらい走りこめば
フルマラソンを止まらずに完走できることを学んでいたからだ。

重要なのは、レース前半は力を極力温存し、
余裕があるときだけ30km以降に気合を入れるということだった。
この戦略はグリコーゲンの温存という意味では理に適っている。
グリコーゲンが枯渇すれば、どんな優れたランナーでも痙攣で走れなくなる。
それを来さないために、前半は極力脂肪をエネルギーとして走る、
つまり完全な有酸素運動で走るしかないのだ。

たとえ、同じスピードで走ったとしても、
グリコーゲンが枯渇してエネルギー源の依存度が脂肪に傾けば、
呼吸商は低下し、酸素需要は高まる。
結果、酸素需要の為心拍数は漸増し、エネルギー枯渇と酸素不足で筋痙攣が必至となる。
もちろん、スピードを弱めれば走れるが、
糖質がない状態で走ると悲惨な状態になることは周知の事実だ。

VDOT41の E pace は 6'14"/km だ。サブ4.5なら 6'20"/km で十分なので、
その目標はいわば必達事項と言ってもよかった。
出来れば4時間15分を目指そうと思った。
そうなると、6'02"/km が必要だ。これだと、達成できるかどうかギリギリの線
という感じがした。ただ、サブ4はちょっとムリだろうなぁ、という感覚はあった。
5'41"/kmのペースは頑張っても25kmくらいしか続かないだろうという気がした。
もし、私が前半温存が正しい道だと知らなかったら、
「サブ4目指して前半突っ込みます!」と威勢よく飛び出したに違いない。
それも一興ではあるが、自分の実力を把握し、考え得る最大限のパフォーマンスを
探るのもまた一興ではある、と思っていた。
なにせ、私にとってこれが今年唯一のレースなのだから。

それで、レース5週前に30km走をすることに決めた。
余裕があれば35kmだって走るつもりでいた。
設定ペースは 6'00"/kmにした。
それまでには週に20km以上を1回以上と考えたが、
実際には19km と 15kmを1回ずつしか走れなかった。
レース5週前、1月22日、キロ6ペースで順調に刻んだが、24km付近から急に失速し、
26kmで足が止まった。そのあと、無理やり4km歩いた。
レース3週前、22日の失敗を克服すべく、再び30km キロ6に挑むが、やはり25kmで足が止まった。
このままでは、いけないと、レース15日前に25kmをサブ4ペースで走るチャレンジをした。
そして、再び19kmで足は止まった。
「やれやれ、今の実力ではサブ4なんて完全に夢のまた夢だ。キロ6ペースで走り切れれば、
御の字だし、6'10"/kmで走れたら、満足すべき実力みたいだな。」
となんとか自分の現状を把握するに至った。
こうして、レース当日は前半は 6分5秒-10秒/km 程度を目標に、
あわよくば後半キロ6を切るペースで走ろう、というプランが決まった。
ただ、1度として30kmを設定ペースで走り切ることはできず、不安の残る展開となった。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村