Information

kpinkcat(モモネコ)

Author: kpinkcat(モモネコ)

2009年1月からジョギングを開始するも、
数か月すると走らなくなる。
3年ごとにブームが訪れ、今回3度目。
2015年に過去最大重量を記録した
のをきっかけに再び走り始める。
今度こそ、過去最速を目指したい。
自分を取り戻す旅。。。

Recent Posts

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • -
  • -
1Aを出ると斑尾山頂に向かう急登となった。
1A手前から青いユニフォームを着た男女のカップルが走っていた。
随分トレイルレースに慣れている様子でそのカップルは談笑しながら
レースを楽しんでいた。
男「登りは滑るね。水たまりも多いし。」
女「でも、水が流れているところは滑らないよ。」
男「そうだね。」
女「ぬかるみ避けようとして脇を通ると、かえって滑ったりするし。
  水の中突っ切る方が走りやすいかも。」

私「そかそか、水流れているところの方がドロは流されているから、
  滑りにくいのか。」

登りが急になるにつれ、自重で滑り、酷く登りにくい箇所が増えていった。
直前を先行するランナーの足跡をたどるように進むのだが、
それでもズルズル滑り出す。前のランナーが脇を通るときには、
積極的に真ん中の水が流れている所を通ったりした。
確かに、勢いよく水が流れている所は滑りにくかった。
靴の中は既に水で溢れかえっていた。躊躇する理由なんてなかった。
体力をできるだけ温存するには、ビシャビシャと小さな濁流を進んだ方が
賢明だ、と判断した。

男「雨のレースだからね。ペース遅れてるよね。」
女「いつもと違う事が起こらないとも限らないから、
  ちょっと急いだ方がいいかもね。雨天時の関門とか、変わったり。」
男「そうだね。」

私「あの、すみません、皆さんどれくらいでくらいで
  ゴールするつもりなんですか?」
私は自分がどの位置にいるのかを知りたかった。
女「あ、私たちは21時間くらいを目指してますよ。完走目標です。」
私「おお、それなら僕と一緒くらいですね。」
女性はにこやかに振り返りながら返答してくれた。

私「位置取りはこの辺なんだろうけど、この二人には離されたくないな。」
と思った。人の会話を聞いている方が気が紛れるし、
他のランナーがどんな事を考えながらレースをしているのかも
参考になるからだ。決して、カップルの会話を盗み聞きしたいから、
という理由ではない。(結果的には聞こえてしまうのだが。)
感覚的には、レースの実況をラジオで聞いているようなものだった。

途中で靴の紐が緩んだため、結び直しているうちに、そのカップルは
見えなくなった。あらら、残念と思いながらも先を急いだ。

斑尾山への急登ではドロで滑るために、四つん這いの様にならないと
登れない箇所も増えてきた。1Aまではスムーズだったが、
それ以降は雨の影響が色濃くなってきた。
「晴れのレースならこれくらいの登りで手こずったりしないのに。
 足を踏ん張らないと滑り出すから、体力も削られる。
 ペースも上げられない。いよいよヤバイな。」
そんな事を考えていると斑尾山頂に到着した。
斑尾山頂


眺望はほとんどなく、私は写真を撮るなり、
すぐ下山に向かった。少し焦り始めていた。

下山直後、矢張り足元は滑るのだが、慎重に下れば何とかなる状態だった。
しかし、問題はその少し先にあった。九十九折りのゲレンデに繋がる下りだ。
見晴らしが一気に開けたと思ったら、そこにはひどい世界が待っていた。
私にはトレイルにおける地獄絵図にしか見えなかった。

トレイルの状態はドロ状態がさらに深刻化し、30cmもあろうかという
深い足跡がそこら中に埋め尽くされていた。その中にすっぽり足をうずめ
ながら進むか、自分で新たな場所に足を置くか、なのだが、
新たな場所に足を置けば、そこに自分が30cm程のドロ穴足跡を作るハメになった。
つまり、どこに足を置いても足首より深くドロに足がはまる状態だった。
そういった足元に苦しむランナー達の様子が、ゲレンデのおかげで
100mくらい先まで見渡せるのだった。

「オイオイ、どうなってるんだ、コレ」
足跡が深くある場所はまだよかった。九十九折りの折り返し部分の
全てのドロが削り取られながら傾いている場所が最悪だった。
足の置き場がないのである。つまり、自分もそこに足を置き、
ズルズル滑りながらドロを削るしかなかった。
バランスは簡単に崩れるし、手もドロドロになった。仕舞いには
完全に足を滑らせ背中から地面に落ちた。
後ろの方から、大丈夫ですか、と尋ねられたが、
大丈夫、大丈夫、と苦笑いするしかなかった。
ザックも完全にドロだらけになった。

晴れていれば、この場所って見晴らしもいいし、気持ちよく下って行く場所
なんだろうなぁ、と想像した。しかし、今はこの光景が憎らしかった。
いつもは下りは喜ぶはずなのに、下りなんて今日はいらない、とすら思った。
事実、この日に限っては、登りよりもずっと下りの方がキツかったのだ。
早く下りなんか終わってしまえ、と念じながら走っていると2Aに到着した。
気持ちよく走れたのは2A直前のごく短い距離だけだった。

2A 23.9km IN 4:03 (予定 3:50) 区間 5.4km 1:32(予定 1:25)

途中、滑って転びそうになった時に、手をついた。
手首が曲がってFenix3のストップボタンが自分の前腕部に押される
格好となった。1,2分時計が止まってしまったかもしれない。

追記:(どうやら、Fenix3のデータから、この時点で7分間時計が
止まっていたみたいだ。)

公式では 2A OUT 4:16だった。
2Aに着くなり、ドロドロの手を洗った。靴にも水をかけて、
少しまともな状態にした。2Aの建物の前も大きな水たまりで、
ジャブジャブと突き切らなければ入れない状態になっていた。
手を洗い、トイレに行っただけで、たぶん5分弱を費やした。
それから、頬張れるだけ大量にバナナを詰め込んだ。
コース紹介時にはパワーバーがあるような事が書かれていたが、
ちょっと見では見当たらなかった。エネルギーになりそうなものは
バナナしかなかったのでそれを大量に詰め込んだのだ。

「走りながら補給もしたいけど、このドロドロの手じゃね」
シャリ切れ状態にならないか心配だったが、先を急いだ。
ボトルに給水し、コーラを飲んだら満腹感が出てきたので先を急いだ。
INとOUTのタイム差が13分もあるが、きっと何かの間違いだろう(笑)
(↑そんな訳ないw)
感覚的には8分くらいでエイドを出たと思う。
晴天であればきっと、3~5分くらいで全ての事を済ませられるのに、
と思った。

 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
9/18 大会当日、3時半に起床し支度を整え、
4時半には会場へ到着した。
朝食が用意されており、多くのランナーは既に食事を済ませたようだった。
食事を済ませた後、スタートゲートの前で
ネコさんと一緒に記念撮影。
もう一度、ゴールで写真取れるといいな、と思った。

当日は天気予報の通り雨だった。
スタート時のみ雨足は弱まっていた。
私はほぼ最後方に位置取りをした。
2016SFMT スタート

予定ペースは下記の通り。チャレさんがみわっちさんのために作ったペース表だ。
そして、アレキさんもこのペース表を使っていた。
今年は5Aが昨年よりも3.5km程度手前になったので関門が30分早くなっていた。
    経過時間  関門
1A  2:25
2A      3:50
3A      6:30
4A      9:00    10:00
5A      11:40    12:00
6A      15:15
7A      16:20
8A      17:30    18:30
Goal    21:30
晴天時の予定表なので、この通り進むのはひょっとしたら難しい、
とも思ったが、自分の実力からすると、これ以上のペースで走ると、
後半失速するのは目に見えていた。
制限時間ギリギリでゴールする人たちの、前半のペースはやや突込み気味、
ということが分かっていたので、チャレさん推奨のペースでA5までは
進むことを心に決めていた。できれば後半ペースを上げるつもりでいた。
後方の位置取りは前半突込み過ぎない為のものだった。
当日の天候が雨だったので、それは間違った選択であることをすぐに
思い知るのであった。

カウントダウンが始まり、午前5時30分にスタートした。
緊張もない。興奮もない。緩やかで落ち着いたスタートだった。
スタート直後のどこかで、きっとネコさんが動画を撮っているだろうと
思い、左側の観客席を探すとネコさんの姿がみえた。
右手を挙げて手を振ると、ネコさんはすぐに気づきしっかりと見送ってくれた。

スタートするとすぐに急なゲレンデになる。走れないこともないが、
足を使うような時間帯ではないと思い、スタート直後から歩いた。
S-A1-1
心拍数は150bpmくらいを示していた。私の体力では
歩かねばならない坂だったのだ。
周りもみんな歩いていた。後ろを振り返ると、そこにはわずか10数人程度しか
見えなかった。一番うしろからなんだな、と思った。
S-A1-2

ゲレンデを登る途中、坂が緩やかになると皆走り始めた。
私も流れについていった。5分くらい走っていると、先が渋滞していた。
「あれ?信越ってほぼ渋滞なし、って聞いていたのに。。。きっと、
雨のせいで詰まっているのだろうな。ちょっとペース速めないとやばいか。」
渋滞といっても1、2分くらいですぐに解消するのだが、そういった停止箇所が
何回か続いた。焦っても仕方がないので、流れに乗って走った。

1Aまでのトレイルはとても走りやすかった。ダブルやシングルのトレイルが
混ざり合い、ペースが遅いと感じたら、前を急いだ。
緩やかな上りや下りが続いたが流れに乗っていれば気持ちの良いペースだった。
急な坂は歩きも入れたが、7分半~8分/kmくらいのペースだったようだ。
雨で足場は悪かったが、水たまりを避ければそれほど不快感はなかった。
そうこうするうちに1Aに着いた。

1A 18.5km  IN 2:31 (予定 2:25) OUT 2:34

水を補給し、できるだけバナナとチップスターを頬張り、すぐにエイドをでた。
それでも、どうやら3分近くエイドに滞在してたようだ。
予定より6分遅れたが、ちょっとした渋滞のせいだったので気にせず進んだ。
このときは、そのうち遅れも取り戻せるだろう、と考えていた。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。