Information

kpinkcat(モモネコ)

Author: kpinkcat(モモネコ)

2009年1月からジョギングを開始するも、
数か月すると走らなくなる。
3年ごとにブームが訪れ、今回3度目。
2015年に過去最大重量を記録した
のをきっかけに再び走り始める。
今度こそ、過去最速を目指したい。
自分を取り戻す旅。。。

Recent Posts

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • -
  • -
ウルトラランナーの後半ではほとんどの人が
ヒールストライク(かかと着地)になっているそうだ。
血中クレアチンキナーゼ(CK/CPK, 筋肉内酵素、筋ダメージ指標)を調べると
ヒールストライクの人の方が低い値を示すのだそうだ。
ランニング初心者や疲弊した人がかかと着地になるのは、
最も楽な走り方を行うからなのだろう。

一方、走力の高いエリートランナーの多くは、
フォアフットやミッドフットの比率が高いそうだ。
速いスピードで着地する際には、遅いスピードで着地するときよりも
ダメージが高いので、自然とそういった走りになる。
事実、スピードが出ているときの衝撃はフォアフットや
ミッドフットの方が小さい。
足の底屈動作で衝撃を和らげるのだ。
CKが高くなるのはよりスピードが出ているからだろう。
フォアフットやミッドフットの方が技術を要する。

ヒールストライクの欠点は筋ダメージは少ないのであろうが、
膝や腸脛靭帯に対するダメージは高いような気がしている。
やや後傾になりやすいので、股関節の筋群にも影響が出やすい。
最近、私の足にもそれらのダメージが蓄積しそうだったので、
そろそろ本格的にフォームを変える時期に来ていると思っていた。

12月頃からやや上体を前傾にして走ってみたり、
鼠径部の筋群(大腿直筋や縫工筋)を緩めるように、
骨盤前傾を意識して、お尻を上げるような気持ちで走ったが、
どうもしっくりこない。
昔はそんな事を意識せずとも、ミッドフットだった。
どうしたらいいのだろうといろいろ試行錯誤してみたが、
多分この意識で間違いないな、というヒントを得た。

足の内側アーチのど真ん中に
踵があると思って走れ!

また、アホなこと言ってるなぁ、と思われた、
そこのフォアフット/ミッドフットができないあなた!
人はちょっと意識を変えるだけで、いままでできなかったことが
出来たりするのだ。試してみるといい。

私は元々下りの走りが下手で、
下りではストライドを広げてドシドシと走っていた。
多分これは間違いで、下りでもほとんどストライドは変えずに、
ピッチを早くして小刻みに走るようなイメージの方が
スピードを殺さず、ダメージも少なく走れるだろう。

足裏中央かかとを意識するとその走りもスムーズにできた。
走りも昔の走りに近くて、下腿でシュッシュと走るイメージに
かなり近づいたと感じた。

そして、急激にミッドフットが完成して、
おまけに急な坂道を上り下りしたものだから、
緩めにEペースで走っていたのだが、
きれいに左ヒラメ筋と右腓腹筋外側頭を痛めた。
底屈動作が入るので、ふくらはぎの筋肉を酷使する。
前述のとおり、この走り方にはそれなりの筋力が必要なのだ。
無理はしない。このフォームは今シーズンが明けてから
じっくり育てて行こうと思った。
付け焼刃ではきっと大きな故障になりそうだと感じたからだ。


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。