Information

kpinkcat(モモネコ)

Author: kpinkcat(モモネコ)

2009年1月からジョギングを開始するも、
数か月すると走らなくなる。
3年ごとにブームが訪れ、今回3度目。
2015年に過去最大重量を記録した
のをきっかけに再び走り始める。
今度こそ、過去最速を目指したい。
自分を取り戻す旅。。。

Recent Posts

25kmの計測地点を過ぎて数百メートルすると、
折り返し地点となった。
沿道には割れんばかりの声援が送られていた。

折り返すと再び高架橋への緩やかな登りとなった。
このわずかな登りの最中にペースの維持が
だんだん難しくなっていることに気が付いた。

「あら、きっちり踏み込まないとペース維持できなく
なってきてるじゃん。登りとはいえね。
ペース落とすのか?」

今まではそれほど意識をしなくとも、予定ペースは
維持できていた。全く頑張っている感じなどなかった。
ところが、折り返しを過ぎてからというもの、
少し意識しないと目標ペースからこぼれそうになってきた。

再び高架橋を登り切り、下りで落ちたペースをとりもどそうと
ピッチを速くした。そして、また緩やかな登りとなり、
少しずつ足が削られるのを感じた。

「ちょっとキツくなってきたかな。
この感じじゃ30k以降はかなり厳しい勝負になりそうだなぁ。
後半上げれないかもしれないけど、
そのときは5分13秒を守るかたちでもいいや。
粘れ、粘れ!」

キツさを感じるのも無理はなかった。
21km地点を過ぎてからというもの、平均心拍は
167bpmを超えていたのである。そう、私は既に
Tペースの強度で走っていたのだ。

「なんか、心拍数高いや。体調悪い?
いやいや、そんなことないつもりだけどなぁ。
やっぱ、あれでしょ。このアップダウン。
鹿児島マラソンがこんなにもアップダウンが酷いだなんて
地元の私ですらきづかなかったよ。」

桜島を望む海岸沿いの国道10号線は思った以上に登り下りが激しかった。
勾配がそれほどでもないので気づきにくいが、
常に登るか下るかで平坦が少ないのだ。

「これからの方がもっとアップダウンが強くなるのに。。。
まあ、とにかくこれ以上強くはいけないから、
何とかこのペースを維持しなきゃ。」

そしてその時は突然やってきた。

「うはぁ、やべぇ、左ふくらはぎ攣りそう・・」

咄嗟にペースを落とした。こういう時は、
ペースが速すぎて酸素が足りないか、シャリ切れなのだ。

「ふぅ、なんとか攣らなかった。セーフ、セーフ。
でも、もうエネルギー枯渇なの?空っぽなの?」

不安になりながら、少し落としたペースをそのままに
1.2km程度走ると今度は本物がやってきた。

「やっぱ来たよ~。ガチなやつ~」

こうなったらやれることは一つしかない。
ペースをグッと抑えて、攣らないギリギリのスピードで
ただひたすら耐えるだけだ。

「さっき、補給したばかりなのに、やっぱムリだよね。
そりゃそうだわぁ。」

300kcal/hrというのが、消化管で糖質を吸収できる限界だそうだ。
つまり、空っぽになってからMペースを維持することなど不可能で、
せいぜいEペースを守れたら御の字なのだ。
知っていた。もちろん知っていた。
攣ったら最後で、そこでマラソンが終わるのだ。

だからこそ、オーバーペースを避け、
前半はゆっくり入り、エネルギーを温存し、
後半エネルギーが持ちそうならペースをアップを図る
ネガティブスプリットが良いとされるのだ。

以前このブログに、
レース本番で32kまでを160bpm程度の心拍数で走れたら、
多分勝ちが見える、と書いたことがあった。
心拍がそれ以上に上昇していることをずっと無視し続け、
それを受け入れなかった結果がこれである。
中盤から完全に負けパターンに入っていたのだ。

「でもね、今まで練習ではこれより早いペースで走っていたのに、
一回も攣った事なんてなかったのになぁ。
まあ、でも仕方ない。あとは耐えるのみだよね。」

25km-30km
5'09"-5'20"-5'14"-5'18"-5'30"(26'33" 公式 27'00")


「せめて30秒落ちのEペースを保てたらなんとか50分は切れるのでは、
粘れ、粘れ、なんとかしろ!」

そう思いながら走り続けるが、無情にも足の辛さは増すばかりで、
力を込めようとすると攣る直前の状態になるのだった。
もう、スピードを緩めるしか手立てがなかった。

そんな感じで撃沈していると後ろから張りのある声が聞こえてきた。
「激沈上等。○○○○!。」
後半は何をおっしゃったのかよく覚えていないが、
声の主がTHさんである事はすぐに分かった。

「いやぁ、本当に激沈しちゃいましたよぉ。」

そう伝えるとTHさんは颯爽と私を抜き去った。
THさんの腰にはビニールのようなモノが挟まっており、
ゼッケンが良く見えなかったが、
きっとブログでお礼が言えるだろう、と見送った。
少しばかりついて行こうとはしてみたものの、
3秒と持たずにそれも諦めた。

スタートから降り続く雨はこのとき最も激しくなってきた。

「最近のレースは雨ばかりだなぁ。
信越は土砂降り。ハセツネは朝の雨が酷かったけど、
レース中は余り降らずに助かったなぁ。
でんしろうも最後の1時間はずっと雨だったし。
本当に降られっぱなしだぁ。
晴れの日はいつくるのかな。今度はきっと晴れるよね?」

30km-35km
5'54"-5'51"-5'44"-5'43"-5'54"(29'09" 公式 29'37")


だんだんペースが落ちてきたが登り勾配もあり、
とうとうキロ6分も維持できなくなってきた。
それでも何とか走り続けたい、と思ったが、
どうにも足が攣りそうになって止まった。

道路脇に寄り、何度か足を屈伸したり、
アキレスを伸ばしたりしてみたが、
かえって攣りそうな気配がして、また走り出した。
JRとの立体交差の橋の所で、たまらなくなって
とうとう自らの意志で歩いた。

「くそぅ、そうじゃないだろ!」
歩いて3歩目にはまた走り出した。
踏み込む左膝には痛みが出だした。

「なんだ、オーバーペースだけじゃなくて、
足もしっかり出来ていなかったのかぁ。
こりゃあ、また1から足を作り直しだな。」

12月から痛めていた左膝が同じような感じで痛み出した。
それでもまだ走れていられるだけ随分マシだな、と思った。
左膝の痛みは強くなるばかりだったが、それでも走っていたかった。

仙巌園の前のエイドには沢山の声援が飛び交っていた。
ここまで給水を1か所取っただけで、
補給は全て自前のジェルとスポドリで賄っていたが、
最後のこの大エイドに寄ろうかと思ったがやはり素通りした。

大きなポーチの中には食べかけのジェルと
ピットインがまだ残っていたが、
もう何をやっても無駄なような気がしてそのまま口にせず走り続けた。
30km地点まではほとんど手つかずだったスポドリだけは、
何度も口に含み最後まで飲み干した。

鳥越トンネルを抜け、再び市街地近くになって
やっと40km地点を通り過ぎた。

35km-40km
6'14"-6'12"-6'32"-5'52"-6'33"(31'24" 公式 31'23")


40kmを過ぎた辺りで3時間37分だった。

「そうか、残り全部歩いたとしてもサブ4にはなるのか。」

一瞬残りは全部歩いてやろうか、とも思ったが、
不本意でもなんでも自己ベストなんだから、
たった1秒でも削り出せ、とどこからともなく激を飛ばされた気がした。

最後の陸橋を登り切り左折と右折を1回ずつしたところで
やっとゴールが見えてきた。
ゴールが見えると少し元気が湧いてきて少しだけスピードも上がった。。
最後は少し走れる感じでゴールした。
ゴール後にコースに1礼して会場を後にした。

決していいレースじゃなかったけれど、なぜか笑みがこぼれてきた。
苦笑いを含んだ、そんな笑みだった。

左膝は思った以上に痛んでいた。
普通に歩くのもままならない感じだった。
そのとき思った。
「激沈してたけど、そうか、俺頑張ってたのか・・・」
こういうの含めてマラソンなんだな、と感じた。

40km-ゴール
5'58"-6'01"-2'46" 42.50km(SF-850) (14'45" 公式 12'57")

Gross 3゚53'30" (net 3゚52'02")


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

にほんブログ村

~~~~~~~~~~~~~~~~

ごめんね文字だけで。写真は実際撮ったのもほぼゼロでした

じゃ、ガーミンの一部記録だけ

(スタートライン90m手前からの記録)

2017 鹿児島マラソン Garmin

なんだ?!累積上昇347m ってw

山岳レースとは気づかなかったわw

ワロタw