Information

kpinkcat(モモネコ)

Author: kpinkcat(モモネコ)

2009年1月からジョギングを開始するも、
数か月すると走らなくなる。
3年ごとにブームが訪れ、今回3度目。
2015年に過去最大重量を記録した
のをきっかけに再び走り始める。
今度こそ、過去最速を目指したい。
自分を取り戻す旅。。。

Recent Posts

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • -
  • -
スタート地点までのロスは1分28秒。
距離にして約90mだった。
グロスでのこのロスは当初から無視する予定で、
その日の目標ペースは以下の様だった。

スタート~7km 5'23"/km
7km~32km    5'13"/km
32km~ゴール  5'05"/km
Total 3時間40分

スタート直後の混雑は多少あった。
周囲のほとんどは私と同じようなペースだったが、
やはり一定の人達は明らかに遅いペースで、
それぞれのペースが落ち着くまでに約2kmを要した。

最初の1kmの入りは5分43秒。
予定より20秒遅れでエプソンは震えた。
最初は慌てても仕方ないし、そのうちうまい具合に
ばらけるだろう、と思っていたが、
予定ペースを守りたいという欲求は強く、
先行するランナーを追い抜く際に
少しペースを速める箇所も所々にあった。

「大丈夫、最初の7kmは遅めの入りに設定しているから。」
と気持ちを落ち着けるように念じながら走った。

スタートから4つの交差点を右左折すると与次郎の直線に入った。
晴れていれば、桜島が最も近く美しく見えるはずの場所だった。
晴天時の青い空と青い海と噴煙を吐く火山のシルエットは
世界でも随一の眺めとなるのだが、
生憎の雨で、桜島の一部は雲に隠れていたし、
空はどんより暗かった。

桜島を左に見ながら甲突川の橋を渡れば、直線が続く。
橋を渡りきると少し高い位置から、
もう随分先の方までランナー達の姿を見ることになった。
この直線に入った辺りから予定のペースに乗った。
LapPaceは 5'14"/kmくらいを示しており、
ちょっと早いかな、とも思ったが、
特段ペースを速くしているつもりもないし、
20秒の遅れを少しづつ調整しないといけないから、
これくらいのペースでいいのかな、と思っていた。

右に市民文化ホールを見ながらしばらく直線を進むと
コースは右に折れていく。ここでしばらく桜島とはお別れだ。
そこから道なりに1kmくらい進み、さらに右折する。
立体交差の地下トンネルに沈む辺りで5kmの計測マットを通過した。

~スタート 1'28"
(1km 毎のラップタイムはEpson SF-850)
0-5km  5'43"-5'10"-5'18"-5'08"-5'12" (26'31" 公式 26'45")

周りのペースに身を任せて進んでいると、
予定のペースより速く走っていた。
もちろん、全く無理していなかったのだが、
予定では160bpmくらいの心拍のところを160-163bpmくらいで巡行していた。
こういったわずかな差が後々ひきづらないかな、と多少考えた。
それでも、もう少ししたら7kmを過ぎるし、
今のペースがちょうどいいくらいなので、まあいいか、と気軽に構えていた。

鴨池トンネルをくぐり数百メートルすると再び右折する。
今度は市電の通り沿いをしばらく走る。
交通規制により、ランナーは向かって右側の対向車線を走り、
車は左側2車線に限定されていた。
右側の沿道には多くの人たちが応援してくれたいた。

この辺り方から少し気になったのは
1km表示が思いのほかズレてくることだった。
予想では1km辺り2秒以内くらいかな、と思っていたが、
どうやら1km辺り3秒以上ズレてくるようであった。

公認コースは距離不足にならないよう、1001mを1kmと表示するそうだ。
もちろん、いつも最短距離を走れるわけではないので、
1km当たり5mくらいはずれると思っていたが、
まさか3秒以上変わってくるとは思っていなかった。
距離にして約10m/km である。

今までの練習でも設定ペースより2~3秒速く走るように心がけていた。
練習でも設定に負けないように心がけていた。
3秒以内なら想定内だが、3秒以上は想定外だ。

「はて、どうしようか。Epsonベースで考えるか。それとも・・」

人は想定外の事が起こった時に、
無視するか、問題を先送りにするか、それとも適切に対処するかを選択する。
私のこの時点の選択は問題を先送りにしたのだ。

「3時間40分、どうしても切りたい。Epsonで5'10"/kmならいけそう。」
「ちょっと心拍高めで推移してるけど、特にキツさはないし・・」

高見馬場電停を通り過ぎ、右折すると天文館へ電車通りを並走する。
天文館では多くの人々が応援しており、電車通り沿いを1回左折し、
ファンランは山形屋前で終了。
それから左折を1回、西郷隆盛像の前で右折して国道10号線へ入った。
そのあたりで10kmを迎えた。

5km-10km 5'13"-5'13"-5'18"-5'02"-4'58" (25'47" 公式 26'07")

10km地点でGPSと36秒差のズレがある事を確認した。

「何度か右左折したけど、100m以上差がでるのか。
ペース下げた方がいいのかな?でも、全然勝負している感じでもないし、
このままでもいけそうなんだけどなぁ。
もう少し様子みてみようかな。」

1度問題が先送りされると、それが当たり前のようになる。
私の設定したペースは、Epson基準だった。
練習でもこれならいけるだろう、というギリギリのところを選択したはずだ。
それでも、レースマジックで思いもよらぬ結果を期待する、というのはある。
ましてや、3時間40分という目標を大幅に上方修正している訳でもないので、
ペースを下げるという判断は一層難しい物になってきた。
つまり、欲が出っ張ってきたのである。

傍目からみれば 5k 26'07"はきっちり、5'13"/kmペースである。
でもその内情は違っていた。
平均心拍が162-163bpm とほぼ想定ラインだったことも手伝っていた。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
これを見ているそこのあなた!
あなたは失敗しちゃダメなんだからね!

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。