Information

kpinkcat(モモネコ)

Author: kpinkcat(モモネコ)

2009年1月からジョギングを開始するも、
数か月すると走らなくなる。
3年ごとにブームが訪れ、今回3度目。
2015年に過去最大重量を記録した
のをきっかけに再び走り始める。
今度こそ、過去最速を目指したい。
自分を取り戻す旅。。。

Recent Posts

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • -
  • -
5km-7kmでは想定 5'23"/kmを5'13"/kmで走り、
7km-10kmでは想定 5'13"/kmを5'06"/kmで走った。
明らかにオーバーペースだったが、
1km毎の距離表示に惑わされ、これくらいのペースじゃないと
追いついていけないような気がしていた。
 鹿児島マラソン10k
心拍数は平均162bpmくらい、とはいっても
時々165bpmを超えることを何度も確認していた。
7km-32kmの区間は高くても163bpmを超えるとイヤだな、
というのが事前に頭にあった。
それでも、呼吸は苦しくない。だから、ペースを無視しだした。

10号線に入ってから、陸橋を超え、なだらかな下りの区間に入った。
10kmくらいは魔の地点。体が温まり、いつも快調な区間だ。
この日も申し分なかった。

「心拍ちょっと高めだな。少しペースを落とした方がいいのかな?
でも体は良く動いているし。いやいや、この辺りは慎重にいかないと、
飛ばし過ぎる区間だよね。
でも、まだまだ全然勝負している感じでもないし、大丈夫だよね?」

レースのおかげでテンションは幾分上がっていたと思う。
これがレース効果なのか、とも感じていた。

少し登り勾配になりながら、鳥越トンネルを抜けると、
再び桜島が右手に見えだした。
左手には世界遺産の一部を為す仙巌園があり、沿道の声援やエイドの人達で
にぎやかな感じだった。

仙巌園を過ぎると海岸線沿いの道路となり、これぞ10号線という景色になる。
しばらく登り勾配が続きJR日豊本線との立体交差を超えると下りに入った。

10km-15km
5'10"-5'13"-5'07"-5'20"-5'07" (26'00" 公式 26'12")
(ラップタイムはEpson手時計)

鹿児島マラソン15k
10号線に入ったあたりから、地味な登りと下りが連続する。
車で走るとほとんど印象に残らない程のアップダウンだが、
これらの坂が地味に足を削って行った。

「知ってはいたけど、思ったよりもアップダウンの影響は受けるなぁ。
登りはちょっと強めにいかないとペースを守れない感じだ。」

さらに、10号線は細かいカーブが地味に連続していた。
ランナー達はもちろん道なりに進路をトレースするのだが、
それは最短距離とは程遠いラインを行くことにる。
不思議とコーナーめがけて走るランナーは少なく、
常に車線に沿った動きになっていた。
私も前のランナーを追うように走るものだから、
当然のように車線に沿った走りになっていた。

「1km表示との誤差は1分くらいか。さっきより3秒増えたかな。
やはり手元の時計では5'10"/kmくらいを目指さないといけないのか。」

「あれ?今度は一気に15秒も増えた。これはさすがに増えすぎでしょ?」

「ああ、やっぱり。今度は9秒も減ったよ。
1km表示はそんなにアテにならないなぁ。」

1km平均では常に2,3秒のズレは常に続いていた。
継続的にどんどん時間差は増大していった。
大きなカーブがあるのに、車線に沿った走行をしているのだから、
その程度のずれが生じるのは無理もなかった。
市街地のズレには辟易していたが、10号線で大きくズレるのは
納得していた。

そんな事を考えていると後方から声をかけられた。
「激沈上等! 私も激沈上等^^」
、と言いながら自分のランシャツの胸の辺りの文字をその方は指さした。
私より一回りくらい年上の方が、
大きな声を張り上げて、声をかけてくれたのである。

「おお!激沈Tだ!しかも、袖なしの初期バージョン!
きっとブロガーの方に違いない!」、と思った。

私は、おお!、と嬉しさの余り声を上げたが、
「お互い頑張りましょう!」と一声かけるのが精いっぱいで
右手をシュパっと上げて、声掛けに感謝の意を示した(つもり)。

私はその方が後ろから追い上げてきたものばかりと思っていたが、
どうやらあとからTHさんのブログを見ると、
私の方がTHさんを追い越したようであった。
そんな現状認識できない程になっていたのかもしれない。
(激沈Tいないかなぁ、と常に意識していたのにね)

15km-20km
5'10"-5'11"-5'04"-5'08"-5'09"(25'45" 公式 25'58")

「せっかく激沈ランシャツの方から声をかけられたのに、
全然気の利いた事言えなかったなぁ。。
絶対ブログしている人だろうから、
自分の名前を名乗ったり、ハンドルネームをお聞きするくらい
出来たはずなんだけどなぁ。。

追いついて来られたのだから、きっとすぐ後ろに。。。
って、あら、いらっしゃらない。
ちょっと待って会話してみようかなぁ。

いやいや、今日はガチだし、相手の方もどんな意気込みで
走ってらっしゃるかもわからないから、かえって迷惑かも。。
確か、鹿児島マラソンに出走すると書かれていた方が
2名くらいいらっしゃったはずだから、
あとでブログでお礼すればいいかな。
でも、激沈Tで走るって書いてなかったら、どうすればいいんだ??」

と、脳内問答を続けながら走っていた。
20kを超え、そしてハーフラインを超えた。
40分切りとの差約2分だった。

「あわよくばグロスで40分切りを狙っていたけど、
どうやらグロスは無理っぽいね。
それより、このペースで行ってもいいのか?
15kmまでは勝負しているつもりはなかったけど、
だんだん勝負している感じになってきている。
ちょっと、ヤバイなぁ。」

左手のFenix3の心拍を見ると168bpmから170bpmを
指すこともあった。

「ありゃぁ、これ完全にオーバーペースじゃん!
そんなにキツくないから大丈夫だと思っていたけど、
アップダウンで相当負荷かかってたのね。
ペース緩めるのか?緩めるべきなのか?」

Epsonの刻むラップタイムと現状を表す心拍数を見れば、
残りハーフの距離を今の強度で走りきるのは困難であろうことは
容易に想像できた。それでも目標タイムを諦めきれず、
突き進んだ。

姶良バイパスへつながる高架橋の登りでペースは幾分下がったが、
その下りではスピードを速め、予定ペースは守り抜いた。
その下りが終わった先で25kmを迎えた。

20km-25km
5'07"-5'07"-5'11"-5'12"-5'21"(26'00" 公式 26'03")


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

Comment

あっ激沈Tに抜かれたと気がついたらもう数メートル離されて、声掛けしようとペースを上げました。並んだ時には私のEPSONではキロ5ぐらいだったので、これは着いて行けないとあっさりと背中を見送りました( ̄▽ ̄;)
続きレポも楽しみにしてます(^^)

  • TH #- - URL
THさん!

コメントありがとうございます^^

数人くらい激沈Tいないかと、スタート地点からそわそわしていたのは私ですw
お声かけしていただき、本当にうれしかったです。
また来年も鹿児島に来られるかもしれない、とのことで、
えへへ、私もリトライするか悩んでます。

  • kpinkcat #- - URL

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。