Information

kpinkcat(モモネコ)

Author: kpinkcat(モモネコ)

2009年1月からジョギングを開始するも、
数か月すると走らなくなる。
3年ごとにブームが訪れ、今回3度目。
2015年に過去最大重量を記録した
のをきっかけに再び走り始める。
今度こそ、過去最速を目指したい。
自分を取り戻す旅。。。

Recent Posts

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • -
  • -
奥三河の出場を決めたのが、比較的遅かったので、
宿は豊橋にとる他なかった。
湯谷周辺の温泉宿はきっとエントリー後すぐに埋まってしまうのだろう。
私が宿の手配をしたときには、長篠の辺りも既に満室だったので、
茶臼山までのバスが出る豊橋に宿を取るのが自然な流れとなった。

鹿児島から中部へ飛行機で行くとなると、
一番早い飛行機に乗っても、選手説明会に間に合うには
かなりタイトな移動スケジュールとなった。

いつもは持って行かないプロテインが旅行バッグの中で
散乱していたり、
(洗濯大変だったよ、バニラ味でまだよかったw)
旅行バッグを受付まで持っていくのは面倒だから、
と豊橋駅のコインロッカーに預け、
必携装備品も持たずに受付しようとしたのは私ですw
おかげで、現地調達する羽目になり、
レインやヘッドライトや熊鈴などを買ったりして、
27000円くらいの余計な出費をしたりした。
パタゴニアの18000円のレインジャケットは
息子が使うのだと。。。
(贅沢だよねw)

ハセツネ出たときには、やたら小石が靴の中にはいったので、
トレランにはゲイター必須だな、と思って、
折角、S-LABのゲイターをアメリカからアマゾンで取り寄せたのに、
持ってくるのを忘れてる、という、
なんだかなぁ、という感じで前日からかなり雲行きは怪しかった。



当日は午前2時45分集合の豊橋からのバスに揺られて、
茶臼山まで2時間半。
到着すると、結構寒くて、すぐさまストームクルーザーを
上下とも着こんだ。気温は5℃くらいだったのかな。

会場到着後すぐに、男子更衣室の建物の中に入ると、
トイレ待ちのネコさんをすぐに見つけて、ご挨拶。
ネコさんはなんだか気合が入っている様子だった。

程なく、R2さんの姿を発見し、アレキさんともお会いできた。
初対面ののべさんを紹介して頂いて、みんなに鹿児島のお土産を配った。
鹿児島には薩摩蒸気屋という和菓子のお店があって、
そこの銅鑼殿(どらどん)と かすたどんというお菓子が私は好きなので、
アレえもんさんにも是非、銅鑼殿を食べて欲しくてね。

銅鑼殿
(いわゆる、ドラ焼きね。真ん中に島津の家紋が入ってます)

それと今回の最大の目的の たーはるさんに会う、
という目的が達成できたのはよかったな。

スタート地点に並んでいるときに、ふと後方に目をやると、
たーはるパパさんがいてね。
前日の開会式の時にも、壇上のパパさんをお見掛けしたのだが、
その頃、必携装備品をそろえるのに夢中になっていて、
受け付け終わった時には、パパさんの姿が見えなくなっていたので、
ありゃ~失敗したわ~、と悔やんでいた。

幸運にもお声をかけさせてもらえて、少々会話を。
「今日の目標は?」と訊かれて、
「完走したいです」って答えたけど、全然ダメだったなぁ。
パパさんからは、「体力温存しようと思ってたら、関門間に合わないので、
頑張って攻めたほうが、いいですよ。」とのアドバイスを貰った。


スタート前はそんな感じで、気持ち的にはゆったり。
でも、最終予備関門は超えたいと本気で思っていたよ。

中団くらいからスタートしたけど、始終押さえろ、押さえろ、と
はやる気持ちを押し殺しながら走っていた。
それでも心拍は155~165bpmくらいで、ちょっと高いな、と思っていた。
ろくすっぽ、練習出来ていなかったのだから、まあ、こんなもんでしょ、
と思いながらも、先行するR2さんの後ろ姿や、唯一仮装のクマのプーさん
見ながら、仮装が禁止でないのは、当たり前すぎて書いてない、という
名台詞を思い出しながらニヤニヤしなかがら進んでいた。

途中、急登を登っている際に、
「いやぁ、前回出場したときは、制限時間の4分後にゴールして、
完走扱いにならなかったんですよ。」
というどこかで聞いたような話をする人がいたので、
振り返ってみるとそこには てび さんがいた。
おお、思っていたよりも結構小柄な方なんだ、と思いながら思わず、
「ブログ見てますよ~、UTMB頑張ってくださいね」
と一言声をかけさせてもらった。なんか、ラッキーだなぁ、と思った。

気持ち的には抑え気味で走っているつもりでも、
心拍的にはやや高い。
でも、全体的には始終じわじわ抜かれる展開で、
やはりみんなレベルが高くて、このペースでも余裕なんだろうなぁ、
というのを肌で感じた。

1Aに到着が予定通りの1時間32分だったので、抑え気味のこのペースが
最低ペースくらいになるんだな、と確認できた。
トイレに並んだので 1A OUTが1時間40分くらいで、こういった時間で
やはり削られるなぁ、と思った。

決してキツイペースで進んでいたわけじゃなかったけど、
次第に抜かれる早さが増してきて、少しあせりが出てきた。
途中、R2さんが登りで歩いているときに声をかけたけど、
最初から足が痙攣して・・・、と仰られて結構辛そうだった。
自分は抑え気味だったので、まだまだ余裕があるつもりだったけど、
下りのロードに入ってから、足の痙攣が始まり、
下りでもキロ7分で下れなくなってきたので、一気に気分が冷めたのが分かった。

この1か月膝痛に悩まされ続け、ここで無理したらまた1か月くらい
足がダメになるのではないか、という事が脳裏をよぎった。
すると、すぐにリタイアしよう、という気持ちになり
2Aに着いてリタイアを係員に告げた。
ほとんど決断に躊躇はなく、自分でも悔しさみたいなものが無いのを
不思議に感じたが、気持ちのどこかにきっとこういう事もあるかな、というのが
あったのかもしれない。
2Aには4時間ちょっと要していたし、3Aに5時間で到着するのはほぼ不可能だった。
自分の中で、完走できないのなら試走はこの辺にして、
後の楽しみは次までとっておくことにしよう、という事で納得していた。

リタイアを宣言してから、収容車が出るまでしばらく時間がかかる、と言われた。
この間に、誰か来ないかな、と通過する選手を見ていると、
たーはるさんがやってきた。

体調が思わしくないので、リタイアします、というと、
そうですね、無理しない方がいいかのですね、とたーはるさんは言ってくれた。
再び元気に走っていくたーはるさんを見送ると、
スタッフの方が、湯谷行きの収容バスまで送ります、とのことで移動を始めた。

2Aでのリタイアは私の他に2名おり、一人は女性だった。
去年は完走したけれど、3Aからのキツさを知っているだけに、
状態が悪い今は無理して先に進むのはできないな、と思った、と言っていた。

スタッフの運転手の方は、小松エイドに近づくと、
「この辺は実はダムが建設されることが決まっていて、
この辺りは水没することになるのですよ」
と話していた。詳細はよく分からないが、一時はダム建設は白紙に戻ったが、
その話が再び持ち上がり、小松付近にダムが建設されるのは
確定事項のことだ、という話だった。
ダムの建設が終了するのは数年先の様だったが、
それを聞きながら私は、ダムの為にOPTのコース変更が余儀なくされるかは
定かでないが、近いうちにここを完走しておかねばならないな、と思った。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

にほんブログ村

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。