Information

kpinkcat(モモネコ)

Author: kpinkcat(モモネコ)

2009年1月からジョギングを開始するも、
数か月すると走らなくなる。
3年ごとにブームが訪れ、今回3度目。
2015年に過去最大重量を記録した
のをきっかけに再び走り始める。
今度こそ、過去最速を目指したい。
自分を取り戻す旅。。。

Recent Posts

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • -
  • -
6月と7月はいい練習ができたと思う。
暑さにも負けなかったが、緩いペースでも
心拍数が常に上昇気味なのが気になっていた。
当然のようにスピードは乗らず、
6月以降、自信はなくなっていく一方だった。

8月はとにかく長い距離を走ろうと思った。
15kmまでは余り疲れが残らない体になっていたが、
最長50kmだったので、60kmくらいはロードで
経験しておくべきだと感じていた。
とあるウルトラランナーのブログでは、
大会2か月前くらいから、毎週50km走ればウルトラの足はできる
と書いてあったが、とてもじゃないが、私には出来ない芸当だった。
けれども、3週前と5週前の土日のセット練習では60kmを
走ってみたいと思っていた。

8/6 E2+T5+W1+T4+W1+M4+W1+E2 19.84km
E:easy T:threshould W:walk M:marathon
スピード練習だが、暑すぎて間に1kmずつの歩きを入れた。
この辺がEペースで繋げると強いのだが、
心拍数は常に、「ムリすんな」と訴えていた。

8/7 セット練習 25.8km
19kmで足が痙攣、補給するも再び痙攣したため、無理せず撤退。
膝の耐久性だけは満足できるレベルになってきていた。
しかし、スピード持久力不足は深刻だった。

8/13 43.2km D+586
60k予定を43kで切り上げ。23時発。途中の峠が思いのほかつらかった。
足のダメージ中等度の為、大事を取って無理しなかった。
山中、多数の鹿がこちらを観察していた。
60kなら実力的には平地にすべきだった。
夜間でも気温29度が常に響き、1L/10k程度の飲水が必要だった。

8/17 17km
E3+T5.5+W1+M4+W1+E2.5
暑さ厳しい。夜間峠走の疲れ響く。左ハムに痛み出現し、
予定を切り上げた。

8/21 20.1km
疲れ残っていたので、昨日は休足。
本日も様子見だったが、5kmずつのビルドアップ。
最後は暑さ換算ならMペース→Tペース程度の負荷(VDOT40)


ここで疲労がMaxとなった。
顕著なのは背中の疲れが取れず、全身が疲労していた。
膝にも常に慢性炎症の兆候があり、
日中でも階段を上るときに少し気になっていた。
8/27・28 の週末(大会3週前)に60kmのセット練習を考えていたが
疲労抜きが先決と考え11k と 16kのEペースのみとした。
以降は回復に努めることとした。

8月はラン199k 自転車41k(D+607)となった。
走行距離は随分と落ちたが、サボったつもりは全くなかった。
長い距離を毎週のように負荷したため、
疲労に対する耐性を養った時期だといえると思う。
1度も60kmを走破できなかったが、
ムリすれば可能ではあった。しかし、確実に大きなダメージが
あると判断し中止した。

「やれやれ、こんな感じで110kmなんて走れるのだろうか。」
そんな疑問を持っていると、それに対する回答は
ネコさんのブログの中にあった。
ウルトラトレイルのきつさって30kmでピークで
あとは故障さえなければ
ずっと同じ
あきらめないで動いていると よく言う復活があるし
内臓のトラブルも はじめの過ごし方で
かなり変わってくる

そか、そか、30kでピークであとは一緒なのか。
レースでは絶対ゴールする、というメンタルの方が重要そう。
あとは膝が持ってくれればいいな。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。