Information

kpinkcat(モモネコ)

Author: kpinkcat(モモネコ)

2009年1月からジョギングを開始するも、
数か月すると走らなくなる。
3年ごとにブームが訪れ、今回3度目。
2015年に過去最大重量を記録した
のをきっかけに再び走り始める。
今度こそ、過去最速を目指したい。
自分を取り戻す旅。。。

Recent Posts

9/18 大会当日、3時半に起床し支度を整え、
4時半には会場へ到着した。
朝食が用意されており、多くのランナーは既に食事を済ませたようだった。
食事を済ませた後、スタートゲートの前で
ネコさんと一緒に記念撮影。
もう一度、ゴールで写真取れるといいな、と思った。

当日は天気予報の通り雨だった。
スタート時のみ雨足は弱まっていた。
私はほぼ最後方に位置取りをした。
2016SFMT スタート

予定ペースは下記の通り。チャレさんがみわっちさんのために作ったペース表だ。
そして、アレキさんもこのペース表を使っていた。
今年は5Aが昨年よりも3.5km程度手前になったので関門が30分早くなっていた。
    経過時間  関門
1A  2:25
2A      3:50
3A      6:30
4A      9:00    10:00
5A      11:40    12:00
6A      15:15
7A      16:20
8A      17:30    18:30
Goal    21:30
晴天時の予定表なので、この通り進むのはひょっとしたら難しい、
とも思ったが、自分の実力からすると、これ以上のペースで走ると、
後半失速するのは目に見えていた。
制限時間ギリギリでゴールする人たちの、前半のペースはやや突込み気味、
ということが分かっていたので、チャレさん推奨のペースでA5までは
進むことを心に決めていた。できれば後半ペースを上げるつもりでいた。
後方の位置取りは前半突込み過ぎない為のものだった。
当日の天候が雨だったので、それは間違った選択であることをすぐに
思い知るのであった。

カウントダウンが始まり、午前5時30分にスタートした。
緊張もない。興奮もない。緩やかで落ち着いたスタートだった。
スタート直後のどこかで、きっとネコさんが動画を撮っているだろうと
思い、左側の観客席を探すとネコさんの姿がみえた。
右手を挙げて手を振ると、ネコさんはすぐに気づきしっかりと見送ってくれた。

スタートするとすぐに急なゲレンデになる。走れないこともないが、
足を使うような時間帯ではないと思い、スタート直後から歩いた。
S-A1-1
心拍数は150bpmくらいを示していた。私の体力では
歩かねばならない坂だったのだ。
周りもみんな歩いていた。後ろを振り返ると、そこにはわずか10数人程度しか
見えなかった。一番うしろからなんだな、と思った。
S-A1-2

ゲレンデを登る途中、坂が緩やかになると皆走り始めた。
私も流れについていった。5分くらい走っていると、先が渋滞していた。
「あれ?信越ってほぼ渋滞なし、って聞いていたのに。。。きっと、
雨のせいで詰まっているのだろうな。ちょっとペース速めないとやばいか。」
渋滞といっても1、2分くらいですぐに解消するのだが、そういった停止箇所が
何回か続いた。焦っても仕方がないので、流れに乗って走った。

1Aまでのトレイルはとても走りやすかった。ダブルやシングルのトレイルが
混ざり合い、ペースが遅いと感じたら、前を急いだ。
緩やかな上りや下りが続いたが流れに乗っていれば気持ちの良いペースだった。
急な坂は歩きも入れたが、7分半~8分/kmくらいのペースだったようだ。
雨で足場は悪かったが、水たまりを避ければそれほど不快感はなかった。
そうこうするうちに1Aに着いた。

1A 18.5km  IN 2:31 (予定 2:25) OUT 2:34

水を補給し、できるだけバナナとチップスターを頬張り、すぐにエイドをでた。
それでも、どうやら3分近くエイドに滞在してたようだ。
予定より6分遅れたが、ちょっとした渋滞のせいだったので気にせず進んだ。
このときは、そのうち遅れも取り戻せるだろう、と考えていた。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback