Information

kpinkcat(モモネコ)

Author: kpinkcat(モモネコ)

2009年1月からジョギングを開始するも、
数か月すると走らなくなる。
3年ごとにブームが訪れ、今回3度目。
2015年に過去最大重量を記録した
のをきっかけに再び走り始める。
今度こそ、過去最速を目指したい。
自分を取り戻す旅。。。

Recent Posts

醍醐丸を過ぎてからは完全に夜間走行となった。
登りの後は当然の様に下りとなるが、
苦手な登山道の階段が出てきた。
段差が大きいところは膝に衝撃が来るので、
出来るだけ衝撃がソフトになるように
スピードを殺してカニ歩きしだした。
もっと大腿四頭筋が鍛えられていれば、
この急な坂も駆け下りて、ヒャッホーな感じに
なるのかな、と想像してみたがどうやらそれは
大分先の物語になりそうだった。

多分、醍醐丸と浅間峠の区間だったと思う。
突如、渋滞となって皆が立ち止まっていた。
そして一向に進む気配がない。
ゆっくり動き出したので何事か、と思いのぞき込んでみると
どうやら人が滑り落ちて登ってこれない、というのだ。
下を覗いた訳ではなかったが、
明らかに人が道具なしで簡単に登れるような傾斜では
無いことははっきりしていた。
下から助けを求める声がするわけではないが、
崖っぷちに心配そうに下を覗きこむ人達がいた。
その中にはマーシャルの方もいたようだ。
すると、後ろの方から声がした。

A「ああ、**さん、どうしたんですか?」
B「いやあ、一人落ちてしまったみたいなんだよ。」
A「え?!マジですか?」
B「ねえ、誰か本部に連絡してくれないかな。」
A「あ、はい。俺、連絡しますよ。」
B「携帯の電波つながらないから、電波の届くところまで
 行ってくれるかな。」
A「わかりました、行ってきますね。」

C「え~、みなさん、止まってると後ろがつっかえるので、
 先に行ける人は行ってもらっていいですかね~」

その一声で、隊列は再び動き出した。
滑落した場所というのはそれほど危なそうな場所ではなかったが、
メインの道より少し左側に外れた所に足を置いたら、
ズルッと滑って左斜面に落ちてしまった、というような場所だった。
下を覗きこんでいた人たちはそれほど慌てた様子もなかったので、
きっと大事には至ってない、と信じたいところだが、
その後どうなったかは知る由もない。

浅間峠を目指す間に数人スタッフらしき人とすれ違ったが、
うまく救出されることを祈りながら先に進んだ。

その様な光景を目の当たりにしたせいか、
いままで余り意識しなかったが、万が一躓いて、
頭からダイブしてしまったとすると、そのまま崖に落ちたら
確実に死んでしまうような箇所がいくらでもある、という事に気が付いた。
それからというもの、斜面がどんな状態か、
トレイルからどれくらいの幅か、もし躓いても大丈夫な場所なのか、
逐一気にしながら走るようになった。
ここで落ちたらアウトだな、という場所は決して早歩き以上のスピードは
出さなかったし、いつも頭の軸は登り斜面の方を向いて走るように心がけた。

しかし、あれだ。
信越では熊を見るし、ハセツネでは滑落現場に遭遇するし、
今後気をつけねばならない事をこの2回で見るなんて。
余程気を引き締めねばならない、という神のお告げのような気がした。

そうこうするうちに浅間峠に到着した。第一チェックポイントだ。
タイム計測の絨毯の上を跨いだ。

浅間峠 22.7km 6時間10数分台

このペースで行くと20~22時間くらいなんだろうな、と思った。
帰りの飛行機に余裕をもって乗る為には遅くとも22時間ではゴールしたいな、
と漠然と思った。
とりあえずトイレに並び、そのあと空いている場所を探して座った。
中には横になって寝ている人も何人かいた。
ザックを下ろしハイドレの水が500mL以上は残っている事を確認すると
少しホッとした。両脇にはまだポカリが900mL以上は残っていた。
それでもここまで1.3Lくらいは飲んだ計算になる。
それほど余裕はないのだな、と思った。

1CPでは6個入りのクリームパンのうち、3つは食べてしまおうと決めていた。
それと水代わりに用意しておいたアミノバイタルのゼリーを1つ流し込んだ。
給食を摂っている間に、R2さん来ないかな、とタイム計測の方を眺めていたが、
どうやらまだ到着していないようだった。
ザックから3つに分けた補給食のうち最後の3つ目をサイドの方に移し替えた。
既にジェルは5個程度消費していたが、まだ10個程度はあったはずだった。
トイレの時間もあったせいか、いよいよ1CPを出ようと時間を確認してみると
30分近くも滞在しているようだった。それほどゆっくりした覚えはないのに驚いた。
慌てて早くでねば、と用意を始めた。

腰に巻いていたライトジャケットを一旦ザックに詰め込んだが、
30分の休憩で体は冷えてしまっていたらしく身震いしだした。
1CPに着いたときはキャプリーンLWはビッショリ濡れていた。
今からもっと冷えてくるだろうから、と再びジャケットを取り出し、
今度は上に着て、それからザックを背負った。
さて、これからチャレさんとhideさんによれば
走れるトレイルだったはず、と思いながら浅間峠を後にした。

OUT 6時間45分

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback