Information

kpinkcat(モモネコ)

Author: kpinkcat(モモネコ)

2009年1月からジョギングを開始するも、
数か月すると走らなくなる。
3年ごとにブームが訪れ、今回3度目。
2015年に過去最大重量を記録した
のをきっかけに再び走り始める。
今度こそ、過去最速を目指したい。
自分を取り戻す旅。。。

Recent Posts

浅間峠を出た後は渋滞はほぼ解消されていた。
トレイルの幅は少し広くなり、
崖らしい崖も少なく走りやすかった。
細かなアップダウンがありながらも
登り基調ではあったが、今までと比べたら
とても走りやすかった。
平坦と下りは走り、登りも走れるところが多かった。
相変わらず、積極的に前を追い抜いていくことは
しなかったが、楽なペースで進んでいると
前に追いつき、多くの人は急登で道を譲ってくれた。
ここの区間はおおむね 13-15分/kmで進めたようだ。

私はハンドライトは持たず、ヘッドライトのみ使用していた。
私は良く転ぶので片手が塞がるリスクを取るのが嫌だったからだ。
また、ヘッドライトの光束は最大350ルーメンだったので、
その光だけで普段は走行には全く問題なかった。
ハセツネではよくガスが出る事が多いと聞いていた。
フォグランプのようにライトに黄色いセロハンを貼ると
光の透過が良くなりガスが出ていても視界を確保できるようだ。
黄色いセロハンを買い求めるべきだったが、
忙しさにかまけて対策しないままだった。
この日もガスが良く出た。ほとんどは霧の中の走行だった。
時折、ガスが消え視界が開けると、こんなにも見通しが良くなるのか、
と随分感心したものだった。

周りにはダブルストックを使用する人が多かったが、
私はストックを持っていなかった。
登りに関していえばストックの優位性はそれほどでもないのかな、
という印象だった。

西原峠 32.2km 9時間7分

西原峠でとうとうハイドレの水が無くなった。
残りは両脇のボトルのポカリが800mL残るのみとなった。
月夜見まで3時間くらいか、途中で水が尽きるかもな、と感じた。

さて、ここから三頭山への急登だ。三頭山が丁度ハセツネコースの
中間地点なので、そこまで行けば完走が見えてくるかな、
と思っていた。激しい登りだったという印象はあったが、
実はこの区間、よく覚えていない。
登りの足は快調で、普通に歩いているだけでも、次々と
前に追いついた。皆疲れていたのだろうか、後ろに付くと
すぐに道を譲ってくれるので、またすぐに前の人を目標に
歩くことになった。ある意味休む暇がないので、
大変だったのかもしれない。
山道の脇には多くの人が木にもたれ掛かり休んでいた。
完全に横になって眠っている人も多くいた。
みんなうまい事寝るものだなぁ、と感心しながら登った。

途中、避難小屋前で、あと100mですよ~、頑張ってください、
と言われた。一旦下ってまた登り返すのだが、
100m経っても全然頂上が見える気配がなかった。
「なんだ、100mっていうのは水平距離じゃなくて、
高度が100mってことなのか」と途中で理解した。
何も知らない、っていうのはある意味幸せだ、と思った(笑)。

三頭山 36.3km 10時間12分
三頭山
三頭山に着いた辺りでとうとう片方のボトルのポカリが無くなった。
残りは600mL弱程度残るのみとなった。
次第に気温が下がってきており、飲水量はだんだん減っては来ていたが、
月夜見まで残り6km、約2時間近くある事を考えると、
水はギリギリなんだな、大切にしないと、と思った。

写真を撮りジェルを1本摂取した後、すぐさま下山を開始した。
下りは階段状に整備されていたが、段差が大きいので
例のカニ歩きを始めた。いつも左足から降りていたが、
右足からでも降りれるかな、と試したところ、
足がちぐはぐに動き、とても安全に下りれる状態ではなかった。
右足の不器用さもあったが、どうやら右足の前脛骨筋腱を痛めてるみたいだった。
そういえば、途中右足をグネったっけ、あの時痛めたのかな、と思った。
一段一段カニ歩きで降りるが、とてつもなく遅かった。
登りは快調だったのに、下りに入ったとたん、
自分の下りの足が随分ヤバイことに気がついた。

普段ロードをジョグしているときも、
下りに不安があり、体軸を低く抑えて衝撃が来ないように走っていた。
私の大腿四頭筋はまだまだ発展途上で、
いまの体重を下りで支えるには全く不十分だったのである。
「ありゃ、りゃ、コレヤバイやつなんじゃない?」
とにかく一段一段下りるのにも筋痛が酷かった。
これ以上ダメージが蓄積していくと完走も危ういので、
出来る限り衝撃を和らげるように下って行った。

ダブルストックの人達は私の遅さをあざ笑うかのように、
高速で追い抜き、すぐに見えなくなってしまった。
後からどんどん速い人たちがやってきた。
そのどれもがダブルストックの人達だった。
足場の悪い下りでも、長めのストックを前方について、
ストックにもたれ掛かるようにしながら衝撃を吸収して
どんどん下って行った。

「うはぁ、なんだアレ!かないっこないような使い方じゃん。」
アレキさんやR2さんは少しでも楽をするため、
走れる人はストックは邪魔だからいらないよ、
とは言ってたものの、それはきっと12時間を切るレベルのことで
それ以上時間がかかる人には下りでのダブルストックは
絶大な威力を発揮するようにしか思えなかった。
これは、ストックの使い方も今後覚えて、
次回ハセツネに出るときは絶対ストック使用だな、と心に刻んだ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

Comment

そう。ストックは上りではなく下りで必要なんです。とくに私のような大型ランナーには。膝が(笑)

  • アレキ #- - URL
アレキさん!

ですよね~^^;
ストックは1CPで組み立てるのではなく、三頭山で組み立てるくらいで丁度いいきがします。
中型ランナーの私の膝にもストック必要ですよw
次のトレランでストック使ってみたいですね。
どんなストックがいいのかな?!

  • kpinkcat #- - URL

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback