Information

kpinkcat(モモネコ)

Author: kpinkcat(モモネコ)

2009年1月からジョギングを開始するも、
数か月すると走らなくなる。
3年ごとにブームが訪れ、今回3度目。
2015年に過去最大重量を記録した
のをきっかけに再び走り始める。
今度こそ、過去最速を目指したい。
自分を取り戻す旅。。。

Recent Posts

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • -
  • -
下りの辛さに喘ぎながらなんとか鞘口峠まで下りてきた。
ここからしばらくはまた平坦と登り主体で少し安堵する。
相変わらず緩めのペースで走っても自然と前に追いつき、
登りでは道を譲ってくれる人が多かった。
ボトルのポカリは大切に飲んでいたが、
残りがじわじわ減ってきていることに変わりはなかった。
本当に、今まで生きていて水の事をこんなにも考えた日はなかった。
明けても暮れても水の事ばかり考えていた。(ずっと夜だったけど。。)
月夜見に着いたら少しぐらい多目に水を飲んでもいいよね?、
と思いながらそれだけを楽しみに夜の山道を進んだ。

三頭山の手前くらいから、何度も同じ人の近くを走る事となった。
たいていランナーの顔は見てもいないし、
夜だからそれ程姿形から特徴をチェックしている訳ではなかったが、
ひっきりなしに咳をしながらダブルストックで
追いついてくる男の人がいた。かれこれ3回くらい先に
行ってもらっているのに、何故か彼はまた私の後ろからやってきて
コホン、コホンとやりだすのだ。その度に私は道を譲った。
山頂などでほとんど休憩を取らなかったので、
その度に追い抜いていたのだろうか。
それにしても、咳が気になった。肺の奥深くから出るような咳なので、
きっと性質の悪い咳に決まっている、と思っていた。
2度目もスルーしたが、3度目はどうしようもなく気になって声をかけた。
いや、余計なお世話だとは私も思ったのだが、
どうしても一言言わずにはいられなかったのだ。

私「あの~、その咳いつごろからなんですか?」
男「ああ、これ癖みたいなもので、咳をしてしまうのですよ。」
私「でも、随分長いのでしょ?」
男「あ、はい。ちょっとだけ痰がでるくらいで、そんなに酷くはないのですけど。」
男は20代後半くらいで私よりもずっと若い痩せ形の体型をしていた。
私「でも、痰がでてるのでしょ?長い間。」
男「まあ、そうですね。」
男はさわやかな笑顔でそう答えた。
私「痰が続いているので、レースが終わったら本当に呼吸器内科で
  一回見てもらった方がいいですよ。」
男「行かなきゃ、とは思っていたのですけどね。わかりました。」
私「うん、わかってはいるとは思うのですけどね。絶対に行ってくださいね。」
男「はい。」
彼は嫌な顔をすることなくそういってくれた。本当に余計な事なんだが、
他人に言われると、やっぱ病院に行かなきゃな、と思うのが人である。
恐らく単身者で、病院に行かなくてもなんとかやり過ごせていたので、
そのまま様子を見ていたのだと思う。でも、2週間様子見て治らない奴は
その後どれだけ様子見ても自然治癒力だけでよくなる事はあまりない。
随分と長い経過を辿ってしまうこともあるので、余計な口を出してみた。
きちんと対処してくれていたらいいな、と願うばかりである。
オヤジの小言を聞かせてすまぬ、と思いつつもそうこうするうちに
月夜見駐車場に到着した。

2CP 月夜見駐車場 42.1km 12時間00分台
月夜見
煌々と照りつける電照にホット息をついた。
もちろん最優先は水の補給なのだ。給水は6か所くらいに分かれていたが、
丁度お姉さんが、こちらで給水できます、と大きな声を出してくれていたので、
そのテーブルの前に近寄った。
私「ポカリを1Lと水を500mLってできますか?」
姉「はい、大丈夫ですよ。」
私「ポカリはこのボトルに入れてもらえますか?」
姉「はい、わかりました。500mLずつくらいでいいですか。」
私「あ、はい。お願いします。あと、水はハイドレの方に。。」
姉「水はこちらですね。」、とハイドレに水を入れてくれた。
500mLだとこの線くらいまでですが、よろしいでしょうか?
とわざわざ確認しながらいれてくれた。目分量なので、
少しでも多く欲しい人はクレームでもつけることがあるのだろうか、
と思いながら、はい、お願いします、と入れてもらった。
私「ここは何時までなんですか?」
姉「ここは4時までなんですけど、いろいろ片づけとか入れると
  だいたい5時くらいですね。」
私「そうなんですか。大変ですね。ありがとうございます。頑張ってくださいね。」
姉「はい。完走頑張ってくださいね。」
とにこやかに見送ってくれた。美人で優しそうな人だった。

月夜見でやりたいことは4つあった。水の補給、ヘッドライトの電池交換、
クリームパンの残り3つを平らげること、そして最後の
アミノバイタルのジェルを補給することだった。
青いビニールシートの上で仰向けに寝ている人が多かった。
トイレに行ったのち、適当に空いている場所に座ると
落ち着くまでハイドレの水を飲み、喉を潤した。
それから最後の固形物クリームパンを食べ、また水を満足するまで飲んだ。
水代わりのジェルを流し込み、残りの補給があとだいたい7個くらいか、
あとはあんまりないのだな、と思いながら出発しようとザックを背負った。
そして、行くぞと思い、ハイドレの水を飲もうとしたとき、
もうそこには水はなかった。
「なぬ?!!もうハイドレの水500mLを飲んでしまったのか!」
三頭山からポカリをチビチビやっていたので、随分喉が渇いていたらしかった。
思いのほか水を飲んでいた。
「うはぁ、残りポカリ1Lだけで次の水場まで持たせないといけないのか。」
っていうか、次の水場っていったいどこだ?」
月夜見の後には確か水場は3か所あって、距離はそれ程遠くないから
なんとかなる、というような適当なチェックしかしていなかった。
その場で水場の確認をした。どうやら大岳山付近にあるらしかった。
「大岳山まで12kmくらいか。でも、さっきまでも700mLで10kmくらい持ったし、
なんとかなるんじゃないかな。でも節約モードだな。」
そんな感じで月夜見を後にすることになった。
煌々と照らされた駐車場の片隅には、闇へと続く登山道が示されていた。
「よし、あと30km。10時間かからないはず。」
そう思い、暗闇にまた消えていくのであった。

月夜見 OUT 12時間27分

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

Comment

No title

ハセツネおもしろいね!

  • ハンサムネコ #- - URL
ハンサムネコさん!

> ハセツネおもしろいね!

完走後の感想は「何も覚えてねぇ~、レポどうするんだ~」
と思ってたのに、書き始めると色々思い出して、
しつこいくらい長くなってしまっている。
レポなげ~よ、って怒られそうw

  • kpinkcat #- - URL

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。